追悼・川地民夫さん “愛弟子”坂本一生が語る逗子の思い出

公開日: 更新日:

「もっと酒を入れてやれよ」――。

 自分のバーでは、よく奥さんにそう言って客にサービスしていたという。脳梗塞のため、10日に亡くなった俳優の川地民夫さん(享年79)。東映映画「まむしの兄弟」シリーズに「仁義なき戦い」「新幹線大爆破」などで活躍後、晩年に地元の神奈川県逗子市で開いていた「バー レスリーズ」。店名は13歳年下のハーフの夫人の名前であった。

 脳梗塞で入退院を繰り返し、約2週間前に逗子市内の自宅で倒れて以降は一度も意識が戻ることなく、旅立ったそうだ。医者に止められていた酒とたばこを続けたり、生牡蠣にケチャップとタバスコをかけて食べたといったエピソードがいくつもあり、常連客や知人関係者からは「男の中の男だった」と評する声がしきりである。

■芸能界でうまくいかなかったとき……

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る