追悼・川地民夫さん “愛弟子”坂本一生が語る逗子の思い出

公開日:  更新日:

「もっと酒を入れてやれよ」――。

 自分のバーでは、よく奥さんにそう言って客にサービスしていたという。脳梗塞のため、10日に亡くなった俳優の川地民夫さん(享年79)。東映映画「まむしの兄弟」シリーズに「仁義なき戦い」「新幹線大爆破」などで活躍後、晩年に地元の神奈川県逗子市で開いていた「バー レスリーズ」。店名は13歳年下のハーフの夫人の名前であった。

 脳梗塞で入退院を繰り返し、約2週間前に逗子市内の自宅で倒れて以降は一度も意識が戻ることなく、旅立ったそうだ。医者に止められていた酒とたばこを続けたり、生牡蠣にケチャップとタバスコをかけて食べたといったエピソードがいくつもあり、常連客や知人関係者からは「男の中の男だった」と評する声がしきりである。

■芸能界でうまくいかなかったとき……

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る