• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

追悼・川地民夫さん “愛弟子”坂本一生が語る逗子の思い出

「もっと酒を入れてやれよ」――。

 自分のバーでは、よく奥さんにそう言って客にサービスしていたという。脳梗塞のため、10日に亡くなった俳優の川地民夫さん(享年79)。東映映画「まむしの兄弟」シリーズに「仁義なき戦い」「新幹線大爆破」などで活躍後、晩年に地元の神奈川県逗子市で開いていた「バー レスリーズ」。店名は13歳年下のハーフの夫人の名前であった。

 脳梗塞で入退院を繰り返し、約2週間前に逗子市内の自宅で倒れて以降は一度も意識が戻ることなく、旅立ったそうだ。医者に止められていた酒とたばこを続けたり、生牡蠣にケチャップとタバスコをかけて食べたといったエピソードがいくつもあり、常連客や知人関係者からは「男の中の男だった」と評する声がしきりである。

■芸能界でうまくいかなかったとき……

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事