“通信教育生”自認 吉田照美に刻まれたビートたけしの金言

公開日:

 フリーアナウンサーの吉田照美さん(66)にとって心に残るのは、ビートたけし(70)の一言。なんと“軍団”に入りたいと思ったほど影響を受けたという。

 ◇  ◇  ◇

 若い頃、夜の初めての帯番組「吉田照美の夜はこれから てるてるワイド」(文化放送/1980~87年)をスタートさせた時は“中高校生向けのラジオなんてどうせ自分にはうまくできない”と絶望的な気持ちでいました。

 その数カ月後です、ビートたけしさんが「ビートたけしのオールナイトニッポン」(ニッポン放送/81~90年)を始めたのは。1回目の放送を聴くと「これは君たちの番組じゃない。オレの番組だ!」と宣言されたのが衝撃的で! それまで深夜放送でも、ラジオは“あなたのための放送”ということで成り立っていたから。

 たけしさんは生まれが東京の下町で、僕も近い場所で生まれ育ったから“しゃべり言葉”が似てたんです。それで「局アナの僕だって、アナウンサーっぽいしゃべりをやる必要はないんだ!」と吹っ切れた。生まれ育ちの使ってきた言葉でしゃべればいいんだと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る