食の素人が3カ月で放送準備…「テレビって乱暴なんです」

公開日: 更新日:

 90年代に6年間放送された「料理の鉄人」(フジテレビ系)は、23時台(初期は22時半スタート)の放送にもかかわらず、番組平均視聴率14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した伝説の番組だ。海外でもリメーク版が放送された最強コンテンツは、先月行われた番組開始25年記念の同窓会も各紙誌で取り上げられた。そんな大人気企画で演出を務めた田中経一氏に、いまだから明かせる舞台裏を聞いてみると――。

■町の中華屋でチャーハン以外食べたことがなかった

 挑戦者が鉄人のひとりを指名し料理で勝敗をつける“格闘スタイル”はエンターテインメントに振り切った味付けで、「きょうの料理」や「3分クッキング」といった実用的な料理番組を見慣れている視聴者を驚かせた。

「そもそもの始まりは、フジの編成さんから“日曜22時半に対決形式の料理番組をやりたい”と話をいただいたことでした。ただ、レギュラーでやるなら対戦者が毎回代わるのではキャラクターが立たない。道場破りのスタイルでやるべきだって思いましたね。大好きなゴジラやウルトラマンを参考にしたんですが、どうせなら、中華VSイタリアン、フレンチVS和食など異種格闘技戦の方が面白いなって。ところが、コワモテ料理研究家の結城貢さんから『ンなもん、できるわけがねえだろ!』と一喝されたんです。当時の僕は、ろくさん亭や四川飯店、クイーンアリス迎賓館なんて行ったことがなく、町の中華屋でチャーハン以外食ったことがないようなやつでした。そんな食のシロウトが料理評論家の岸朝子さんらの協力を仰ぎ、3、4カ月の準備期間でなんとか放送にこぎ着けた。テレビって乱暴なんです(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る