• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

会社を経営し30年 「宇宙刑事ギャバン」大葉健二さんは今

 1982~83年、特撮ヒーロードラマ「宇宙刑事ギャバン」(テレビ朝日系)で主人公を務めた大葉健二さん(63)。りりしい眉に鋭い眼光、豪快なアクションで、日本中の子供たちを熱狂させた。2003年にはクエンティン・タランティーノ監督の人気映画「キル・ビル」でハリウッドデビューも果たしたが、今どうしているのか。

■地元・松山でイベント会社を経営

「宇宙刑事ギャバン」は、大葉さん演じる主人公の一条寺烈が、特殊軽合金のコンバットスーツ姿に変身し、宇宙犯罪組織から地球を守るストーリー。当時、布製コスチュームが多かった特撮モノでは珍しく、メタリックな装いが話題になった。

 その大葉さんに会ったのは、東京メトロ茅場町駅から徒歩3分の弊社会議室。金色に染めた髪に、キャップを目深にかぶり、さっそうとやって来た。あの力強いまなざしは今でも健在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る