会社を経営し30年 「宇宙刑事ギャバン」大葉健二さんは今

公開日: 更新日:

 1982~83年、特撮ヒーロードラマ「宇宙刑事ギャバン」(テレビ朝日系)で主人公を務めた大葉健二さん(63)。りりしい眉に鋭い眼光、豪快なアクションで、日本中の子供たちを熱狂させた。2003年にはクエンティン・タランティーノ監督の人気映画「キル・ビル」でハリウッドデビューも果たしたが、今どうしているのか。

■地元・松山でイベント会社を経営

「宇宙刑事ギャバン」は、大葉さん演じる主人公の一条寺烈が、特殊軽合金のコンバットスーツ姿に変身し、宇宙犯罪組織から地球を守るストーリー。当時、布製コスチュームが多かった特撮モノでは珍しく、メタリックな装いが話題になった。

 その大葉さんに会ったのは、東京メトロ茅場町駅から徒歩3分の弊社会議室。金色に染めた髪に、キャップを目深にかぶり、さっそうとやって来た。あの力強いまなざしは今でも健在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る