インスタ閉鎖 宮沢りえを追い込んだ森田剛ファンの“口撃”

公開日:

 女優の宮沢りえ(44)が今月に入り、突如自身のインスタグラムを閉鎖したため何事かと話題になっている。

 りえは11月30日、ハイビスカスの花の写真とともに長文を掲載。「普段、ファンの方と触れ合う機会が少ない私なので、こういう場を通して共有できる何かがあれば」と、インスタを始めたきっかけを説明。「私は美しい言葉が好きです。美しい言葉に触れると幸せな気持ちになるし、心が前向きになれるから」とこれまでのファンからのコメントに感謝。その一方で、「不快な思いをさせてしまった方達、ごめんなさいね…そんな皆さんの言葉からも学ぶべきものがありました」と意味深につづっていた。

 実はインスタ閉鎖の原因は、「交際中のV6・森田剛のファンからバッシングを浴びたことにあった」というのは芸能ライターだ。こう続ける。

「先月下旬、りえが娘と森田の主演舞台を観賞したという情報がネット上で拡散。それに激怒した森田のファンは、『結婚するまでおとなしくしてろ』『ファンの気持ちを考えろ』など、りえに対する誹謗中傷コメントを書き込みまくった。これまで恋愛で数々の修羅場をくぐりぬけてきた宮沢ですが、さすがにギブアップ。以前、森田が交際していたセクシー女優もファンからの“口撃”でメンタルを病んでしまったほどです」

 ジャニーズファン恐るべしである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る