学生運動を背景にした平安貴族の残酷趣味を描く「地獄変」

公開日:

 芥川龍之介の名作を「文芸映画の巨匠」と呼ばれる豊田四郎が監督。今月22日からラピュタ阿佐ケ谷で上映される。

 平安時代。天才絵師の良秀(仲代達矢)は権力者・堀川の大殿(中村錦之助)から極楽図を描くよう命じられるが、自分の画風に合わないとの理由でこれを断る。大殿は権力をほしいままにし、弱い者の命を軽視する暴君。その暴君を良秀は批判し、大殿は帰化人である良秀を軽侮する。

 ある日、堀川の屋敷に1匹の猿が舞い込み、追ってきた若い女が大殿の目に留まって邸内に幽閉される。実は女は良秀の娘・良香(内藤洋子)で、父の良秀は何よりもこの娘を可愛がっていた。

 娘を返して欲しいと懇願する良秀に、大殿は屏風に地獄絵を描けと命じる。良秀は自分は見たものしか描けないので、炎上する牛車を見たいと言う。大殿は願いを聞き入れ、後日、良秀を呼び、用意した牛車のすだれを開ける。あっと驚く良秀。そこには鎖で縛られた良香が。大殿の命令で火がつけられると、牛車は夜空に紅蓮の炎を上げ、良香もろとも焼け崩れるのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る