• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

落語家・月亭可朝さん “破天荒”を裏打ちした古典落語の才

 落語家の月亭可朝さんが3月28日、急性肺線維症のため兵庫県の病院で亡くなっていたことが発表された。享年80。

 人間国宝・桂米朝(故人)の最古参の弟子で、1969年に「嘆きのボイン」が大ヒット。カンカン帽にメガネ、チョビヒゲがトレードマークで、71年には参院選に立候補するもあえなく落選。その後も野球賭博で逮捕されるなど、たびたび世間を騒がせてきた。

「月亭可朝の『ナニワ博打八景』 金持たしたらあかん奴」の著者で、故人とは30年以上の親交がある演芸評論家の吉川潮氏がこう話す。

「可朝師匠は3月11日に80歳の傘寿の記念落語会をお江戸日本橋亭で催す予定でした。それが開催の3日前になって体調不良のためキャンセルに。もともと心臓が悪かったのですが、そのまま入院となりました。それでも本人はあくまで“充電”のつもりだったようで、師匠のお嬢さんは“これ以上パワーアップして退院されても困る”と話していたものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る