落語家・月亭可朝さん “破天荒”を裏打ちした古典落語の才

公開日: 更新日:

 落語家の月亭可朝さんが3月28日、急性肺線維症のため兵庫県の病院で亡くなっていたことが発表された。享年80。

 人間国宝・桂米朝(故人)の最古参の弟子で、1969年に「嘆きのボイン」が大ヒット。カンカン帽にメガネ、チョビヒゲがトレードマークで、71年には参院選に立候補するもあえなく落選。その後も野球賭博で逮捕されるなど、たびたび世間を騒がせてきた。

「月亭可朝の『ナニワ博打八景』 金持たしたらあかん奴」の著者で、故人とは30年以上の親交がある演芸評論家の吉川潮氏がこう話す。

「可朝師匠は3月11日に80歳の傘寿の記念落語会をお江戸日本橋亭で催す予定でした。それが開催の3日前になって体調不良のためキャンセルに。もともと心臓が悪かったのですが、そのまま入院となりました。それでも本人はあくまで“充電”のつもりだったようで、師匠のお嬢さんは“これ以上パワーアップして退院されても困る”と話していたものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る