タレント懐柔策? ジャニーズ事務所が“結婚条件緩和”情報

公開日:

 テレビ界がこの情報に右往左往している。嘘かまことか、今後、ジャニーズ事務所が所属タレントの結婚条件を大幅に緩和する可能性が出てきたのだ。

「これまでは『結婚できるのはグループから1人だけ』という絶対的な掟があったんです。事実、過去の歴史をひもとけばSMAPは木村拓哉、V6も井ノ原快彦の1人だけだった。ところがTOKIOからは山口達也に続き国分太一が結婚したことで掟は形骸化してしまった。事実、その後にV6は長野博、岡田准一に森田剛らが次々と結婚している。もちろん誰でも認めるわけではない。年齢は基本、40オーバー。プラス安定的な仕事があることや生活態度が良好などの最低条件を設定し認める方向だというんです」(芸能関係者)

 今回、ジャニーズが結婚条件を緩和させた背景には込み入った事情もあるという。

「正直、結婚したいタレントはいくらでもいる。嵐の桜井翔や相葉雅紀、関ジャニの横山裕、TOKIOの城島などなど。余りに縛り続けると事務所を退所すると言い出しかねないからです。最近は昔と比較して、結婚したからといって人気が急落するパターンはあまり見受けられない。だったらメリー副社長時代のように締め付け一辺倒ではなく、緩和することも時代の潮流という方針になりつつあるようです」(民放編成関係者)

 関ジャニ∞渋谷すばるの退所など激震が続くジャニーズ事務所。結婚条件の緩和はタレント懐柔策の一環かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る