二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

等身大さらけ出す勇気 西城秀樹さんが示した“カッコよさ”

公開日: 更新日:

「米倉はカッコいい女のイメージが強い。それがドクター役だっただけで、弁護士役でもカッコいい女が前面に出れば、脱却にはならない。木村拓哉がどんな役をやっても“カッコいいキムタク”と言われるように、米倉もその点が気がかり」

 カッコいい歌手の代表的な存在だった西城秀樹さんは63歳の若さで亡くなった。ソロのアイドル歌手全盛時代はいかに個性を生かすかが歌手生命の分岐点。新ご三家としてライバルであり盟友だった野口五郎は聴かせる歌手。郷ひろみはアイドル色を押し出した。

 西城さんはアクションと絶叫型の歌唱。三者三様に特徴がありファンも色分けできていた。3人はスタイルを変えずに歌手活動を続けた。「還暦を越えた新ご三家の共演」という声もあったが、夢かなわず。西城さんは2度にわたる脳梗塞で右半身の不自由と言語障害。歌手復帰は難しいと思われたが、懸命なリハビリで再び舞台に立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る