二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

等身大さらけ出す勇気 西城秀樹さんが示した“カッコよさ”

公開日: 更新日:

 芸能界に訃報が相次いだ。急死した女優の星由里子さん(享年74)は加山雄三の「若大将」シリーズのマドンナ役で人気を博した。最近でもオールドファンからは役名の澄子から“スミちゃん”と呼ばれ親しまれていた。

 映画の世界で役名が定着するのは人気の証しであるが、良し悪しもある。「男はつらいよ」の渥美清さんは「寅さん」。シリアスなドラマに出ても「寅ちゃんだ」と笑いが起きた。

 渥美さんが他の役をできずにいた話はつとに知られているが、寅さんの妹「さくら」役だった倍賞千恵子も一時、役名で呼ばれていた。倍賞は文芸作品などでの演技力でさくらのイメージを払拭した。星さんも7年間、澄ちゃんを務めた後にテレビ界にも進出。「細うで繁盛記」など人情ドラマに出演して澄ちゃんから脱却。マドンナ役は語り草のようになった。

 今のドラマ界に目を転じれば、「ドクターX」の米倉涼子は役名の大門未知子のイメージ定着を嫌い、今秋は弁護士役に挑戦するという。どう脱却するかが注目されるが、芸能関係者はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  2. 2

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  3. 3

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  4. 4

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

  5. 5

    クレラップCM“おかっぱガール”工藤あかりさんは現役慶大生

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    ドラマ“逃げ恥”の制作会社も「令和の倒産」大都市で急増中

  8. 8

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤さん 芸人と兼ねる意外な仕事とは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る