• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫暴露本は否定…ゲス川谷に「純愛小説」出版のウワサ

 6月に中央公論新社からエッセー本を出版すると報道された「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(29)。一部では、ゲス不倫のことが書かれた“暴露本”と報じられているが、川谷は自身のツイッターで「俺暴露本を出すことになってるの? 暴露本なら出さないけど」とこれを否定。また、以前交際していた、タレントほのかりんの友人とも伝えられるモデル・松本愛との熱愛報道にも言及し、「元カノの友達? いや、俺の昔からの友達なのだけれど……」と否定した。

 どうやら、川谷の本が出版されるのは事実だが、暴露本ではないようだ。

「川谷が書いたのはエッセーではなく純愛小説といわれています。これは何カ月も前から水面下で動いてきたプロジェクト。出版社側には不倫騒動と結びつけられるという懸念があり、読者にそう受け取られないように注意を払ってきたといいます。最終的に川谷のイメージとはかけ離れた、男女の淡い恋を描いた爽やかな作品に仕上がったともっぱらです。ペンネームだったら川谷の作品とは分からないかもしれません」(出版関係者)

 もともと川谷は、非凡な詞を書ける実力派ミュージシャン。商売のために私生活を切り売りする必要もない。読者は、ゲスな期待を裏切られそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る