城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

不倫で離婚も訃報で“スルー” 渡辺謙はやっぱり持ってる男

公開日: 更新日:

 有名芸能人の訃報が相次いだ。西城秀樹さん、星由里子さん、朝丘雪路さんと、大物が立て続けに亡くなって、ショックだった。多くのマスコミ人は、それぞれにいい思い出を持っていることだろう。僕も多くの思いがある。

「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」の大ヒットでスーパースターになった西城さんに、新米のスポーツ紙記者として会い、その際、優しくしてもらって救われたことが忘れられない。

 朝丘さんには、地方のロケでお会いした。時間のかかるロケの最中で、空き時間や移動が長かったということもあるが、マネジャー、付き人のほか、“お話し相手”という、朝丘さんに年齢の近い女性がついていたことに驚かされたものだ。

 芸能ニュースで訃報が大きく扱われ、それに日大アメフト部の危険タックル問題一色になっている中で、大物俳優、渡辺謙と南果歩の離婚が明らかにされた。それぞれ、前向きな報告がファクスでマスコミ各社に流され記事となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る