城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

不倫で離婚も訃報で“スルー” 渡辺謙はやっぱり持ってる男

公開日: 更新日:

 有名芸能人の訃報が相次いだ。西城秀樹さん、星由里子さん、朝丘雪路さんと、大物が立て続けに亡くなって、ショックだった。多くのマスコミ人は、それぞれにいい思い出を持っていることだろう。僕も多くの思いがある。

「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」の大ヒットでスーパースターになった西城さんに、新米のスポーツ紙記者として会い、その際、優しくしてもらって救われたことが忘れられない。

 朝丘さんには、地方のロケでお会いした。時間のかかるロケの最中で、空き時間や移動が長かったということもあるが、マネジャー、付き人のほか、“お話し相手”という、朝丘さんに年齢の近い女性がついていたことに驚かされたものだ。

 芸能ニュースで訃報が大きく扱われ、それに日大アメフト部の危険タックル問題一色になっている中で、大物俳優、渡辺謙南果歩の離婚が明らかにされた。それぞれ、前向きな報告がファクスでマスコミ各社に流され記事となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る