飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

W杯に“白はんぺん”親父のゲキ「その場だけ監督師匠<下>」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。日本代表のコロンビア戦における劇的な勝利ですが、自分はハーフタイムの間に羽田空港に帰ってきて帰宅するまでに奇跡的に途中経過を目にすることなく、ひとっ風呂浴びて、土産の地ビールを片手に録画の再生ボタンをON。すると、ツマミのソーセージが冷める前にPKで先取点。開始早々からあまりにも凄い展開に、思わずケチャップを白いTシャツに垂らし、妻からややイエローカードな視線を浴びながら、わざとじゃないアピールをしてみたわけですが。

 もし仮に自分が香川選手だったらプレッシャーに押し潰され、顔色はモアイ像色。動きは電池切れのロボコップ。動力源は電池? まぁ細かいことはいいですか。極度の緊張からボールのずいぶん前、地球というボールを蹴って軽く捻挫して飯尾のワールドカップは寂しく幕を閉じるでしょう! でもって、調子が悪い~だのいろいろ指摘されていた本田選手が途中起用され、見事、大迫選手の決勝点アシスト!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る