• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

サッカー日本代表の皆さんへ「その場だけ監督師匠<上>」

 湿度は高けれどパカッとアジサイが満開の梅雨空の中、皆さん、いかがお過ごしですか。自分は相変わらず靴のかかとを踏む人は雑な人が多い気がすると思っていますが、梅雨は関係ない?

 いよいよ始まりましたね、サッカーの祭典、FIFAワールドカップ! さる5月30日、日本代表が親善試合のガーナ戦(写真)に0―2で敗北を喫した時のブーイングのシーンがテレビから流れた時、日本代表の皆さんも「本当に大変だな~」と心の底から思いました。まずは戦術もろもろ試している最中ですよね? そしてガーナは強いですよ。

 サッカーといえば、体育の授業か昼休み、もしくは放課後に体育館で体育指導の先生に見つかって、「バレーボールは蹴るなと言ってんだろう!」とゲンコツと正座60分を食らった思い出があります。

 でもって最近は太田プロさんの土田(晃之)君のフットサルチームに入って年間3~5試合に参加するサッカー素人。そんな自分から見ても日本代表は決してチンタラチンタラしてなかったし、「ガーナは強い」(今回2回目)ですよ。アフリカ系チーム特有の身体能力の高さ。格闘家の魔裟斗さんが関根勤さんに「世界陸上でアフリカ系はじめ外国のスプリンターと日本人の戦いを見てください。彼らがあのバネと身体能力を引っさげて陸上じゃなく格闘技と出合ってグローブを付けてリングにくる。そりゃあ差を埋めるのは大変にしんどいですよ」と言ってたのを思い出しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る