飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

いつもそばにいた「乳飲みの親師匠」モ~ウ欠かせない存在

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。小・中学校の給食で毎日出た牛乳。冷たいのは飲めたけれど、ホットは苦手。クリームシチューも好んで食べませんでしたが、あれから数十年が経ち、冷蔵庫には欠かせない存在です。相性が合わず、苦手な方もいると思いますが、自分の歴史を振り返ると……って大げさ。飯尾史を映画化したら上映時間2~3分で終わるでしょう。コラコラ、4分21秒はあるよ! とまあ、スケールの大小関係なく、いつもそばに牛乳がありました。というか、2歳ぐらいからは母乳ではなく、牛さんからの乳で大きくさせていただきました。自分の場合は生みの親で育ての親でもある両親とは昨日も一緒に食事しましたが、乳飲みの親となると、メス牛さんになるのでしょうか。今後、牛を見るたびに心のどこかで「母さん……」とつぶやくかもしれません。ええ、自分で自分にどうぞご勝手に! というわけで、今回はそばに居続けてくれる「乳飲みの親」師匠です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る