飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

いつもそばにいた「乳飲みの親師匠」モ~ウ欠かせない存在

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。小・中学校の給食で毎日出た牛乳。冷たいのは飲めたけれど、ホットは苦手。クリームシチューも好んで食べませんでしたが、あれから数十年が経ち、冷蔵庫には欠かせない存在です。相性が合わず、苦手な方もいると思いますが、自分の歴史を振り返ると……って大げさ。飯尾史を映画化したら上映時間2~3分で終わるでしょう。コラコラ、4分21秒はあるよ! とまあ、スケールの大小関係なく、いつもそばに牛乳がありました。というか、2歳ぐらいからは母乳ではなく、牛さんからの乳で大きくさせていただきました。自分の場合は生みの親で育ての親でもある両親とは昨日も一緒に食事しましたが、乳飲みの親となると、メス牛さんになるのでしょうか。今後、牛を見るたびに心のどこかで「母さん……」とつぶやくかもしれません。ええ、自分で自分にどうぞご勝手に! というわけで、今回はそばに居続けてくれる「乳飲みの親」師匠です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る