• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

いつもそばにいた「乳飲みの親師匠」モ~ウ欠かせない存在

投稿日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。小・中学校の給食で毎日出た牛乳。冷たいのは飲めたけれど、ホットは苦手。クリームシチューも好んで食べませんでしたが、あれから数十年が経ち、冷蔵庫には欠かせない存在です。相性が合わず、苦手な方もいると思いますが、自分の歴史を振り返ると……って大げさ。飯尾史を映画化したら上映時間2~3分で終わるでしょう。コラコラ、4分21秒はあるよ! とまあ、スケールの大小関係なく、いつもそばに牛乳がありました。というか、2歳ぐらいからは母乳ではなく、牛さんからの乳で大きくさせていただきました。自分の場合は生みの親で育ての親でもある両親とは昨日も一緒に食事しましたが、乳飲みの親となると、メス牛さんになるのでしょうか。今後、牛を見るたびに心のどこかで「母さん……」とつぶやくかもしれません。ええ、自分で自分にどうぞご勝手に! というわけで、今回はそばに居続けてくれる「乳飲みの親」師匠です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る