飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

いつもそばにいた「乳飲みの親師匠」モ~ウ欠かせない存在

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。小・中学校の給食で毎日出た牛乳。冷たいのは飲めたけれど、ホットは苦手。クリームシチューも好んで食べませんでしたが、あれから数十年が経ち、冷蔵庫には欠かせない存在です。相性が合わず、苦手な方もいると思いますが、自分の歴史を振り返ると……って大げさ。飯尾史を映画化したら上映時間2~3分で終わるでしょう。コラコラ、4分21秒はあるよ! とまあ、スケールの大小関係なく、いつもそばに牛乳がありました。というか、2歳ぐらいからは母乳ではなく、牛さんからの乳で大きくさせていただきました。自分の場合は生みの親で育ての親でもある両親とは昨日も一緒に食事しましたが、乳飲みの親となると、メス牛さんになるのでしょうか。今後、牛を見るたびに心のどこかで「母さん……」とつぶやくかもしれません。ええ、自分で自分にどうぞご勝手に! というわけで、今回はそばに居続けてくれる「乳飲みの親」師匠です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る