• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

ミーアキャット似の割込み男が踏んだ「虎の尻尾師匠<上>」

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。先日、新幹線のホームで並んでいるときにある出来事が起こりまして。

 先頭から8番目くらいですかね、新幹線が到着したのでゆっくり前に進みながら乗ろうとしたら、30代半ばのミーアキャット似の男性が、自分の前の先頭から7番目ぐらいだった60代の細身の男性の前にス~ッと入り、何げに乗り込もうとしたんです。

 えっ、割り込みじゃないのかな? と思った瞬間、60代の男性が滑舌良く、「すいません、皆さん並んでますよ」と優しい口調なんだけれど、迫力のある感じで言い放ったんです。30代半ばのミーアキャット似の男性は失敬失敬、あ~あ~そうだったんだ。いま、気づきましたというしらじらしい小芝居、というより、臭さがにおってくる“屁芝居”をかましていると、60代の男性が滑舌良くボリュームをちょいと上げて、後方を指さしながら「あの帽子をかぶってる方が最後尾です」と、必殺仕事人の中村主水並みに静かにバッサリ! ミーア、いや、もうミーアキャットでいいですね。ミーアキャットは軽く会釈し、飯尾家世帯主の横をいやいやと呟きながら恥ずかしそうにフェードアウト。いや~、自分には、60代男性の背中にはサッカーのエースナンバー「10」が見えました!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る