飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

ミーアキャット似の割込み男が踏んだ「虎の尻尾師匠<上>」

公開日:  更新日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。先日、新幹線のホームで並んでいるときにある出来事が起こりまして。

 先頭から8番目くらいですかね、新幹線が到着したのでゆっくり前に進みながら乗ろうとしたら、30代半ばのミーアキャット似の男性が、自分の前の先頭から7番目ぐらいだった60代の細身の男性の前にス~ッと入り、何げに乗り込もうとしたんです。

 えっ、割り込みじゃないのかな? と思った瞬間、60代の男性が滑舌良く、「すいません、皆さん並んでますよ」と優しい口調なんだけれど、迫力のある感じで言い放ったんです。30代半ばのミーアキャット似の男性は失敬失敬、あ~あ~そうだったんだ。いま、気づきましたというしらじらしい小芝居、というより、臭さがにおってくる“屁芝居”をかましていると、60代の男性が滑舌良くボリュームをちょいと上げて、後方を指さしながら「あの帽子をかぶってる方が最後尾です」と、必殺仕事人の中村主水並みに静かにバッサリ! ミーア、いや、もうミーアキャットでいいですね。ミーアキャットは軽く会釈し、飯尾家世帯主の横をいやいやと呟きながら恥ずかしそうにフェードアウト。いや~、自分には、60代男性の背中にはサッカーのエースナンバー「10」が見えました!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る