飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

ミーアキャット似の割込み男が踏んだ「虎の尻尾師匠<上>」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。先日、新幹線のホームで並んでいるときにある出来事が起こりまして。

 先頭から8番目くらいですかね、新幹線が到着したのでゆっくり前に進みながら乗ろうとしたら、30代半ばのミーアキャット似の男性が、自分の前の先頭から7番目ぐらいだった60代の細身の男性の前にス~ッと入り、何げに乗り込もうとしたんです。

 えっ、割り込みじゃないのかな? と思った瞬間、60代の男性が滑舌良く、「すいません、皆さん並んでますよ」と優しい口調なんだけれど、迫力のある感じで言い放ったんです。30代半ばのミーアキャット似の男性は失敬失敬、あ~あ~そうだったんだ。いま、気づきましたというしらじらしい小芝居、というより、臭さがにおってくる“屁芝居”をかましていると、60代の男性が滑舌良くボリュームをちょいと上げて、後方を指さしながら「あの帽子をかぶってる方が最後尾です」と、必殺仕事人の中村主水並みに静かにバッサリ! ミーア、いや、もうミーアキャットでいいですね。ミーアキャットは軽く会釈し、飯尾家世帯主の横をいやいやと呟きながら恥ずかしそうにフェードアウト。いや~、自分には、60代男性の背中にはサッカーのエースナンバー「10」が見えました!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  2. 2

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  3. 3

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  6. 6

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  7. 7

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  10. 10

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る