クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

20センチュリ-・ウーマン(2016年・米国)

公開日:  更新日:

 1979年、米西海岸で暮らす55歳のシングルマザーは、思春期を迎えた一人息子の行動に不安を募らせる。多感な時期の男ならではのバカ遊びが全く理解できない。

 そんな2人の家には、アラサー女子と元ヒッピーの大工が下宿。ワンナイトラブを好む大工は女をとっかえひっかえで、アラサー女子と関係を持ちつつ、家主にも気があったりする。

 そんな状況でセックスに興味を持つ息子には、幼なじみの女友達がいるが、「セックスしたら友達じゃなくなる」という友達の一言で2人はキスさえしたことがない。それでも息子の部屋から出てきた彼女に、母親が関係を問い詰める。否定されても半信半疑で、落ち着かずにたばこをぷかぷか。それで、「たばこは毒よ」と忠告され、返した言葉だ。

 銀幕のスター、ハンフリー・ボガートらがくゆらす紫煙を粋だと思って育った女性ならではだろう。若いころは、空軍のパイロットになるのが夢だったというのもうなずける男勝りを、名女優アネット・ベニングが見事に演じる。こんな女性が飲み屋のママだったら……。通い続けること間違いナシだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る