クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

20センチュリ-・ウーマン(2016年・米国)

公開日: 更新日:

 1979年、米西海岸で暮らす55歳のシングルマザーは、思春期を迎えた一人息子の行動に不安を募らせる。多感な時期の男ならではのバカ遊びが全く理解できない。

 そんな2人の家には、アラサー女子と元ヒッピーの大工が下宿。ワンナイトラブを好む大工は女をとっかえひっかえで、アラサー女子と関係を持ちつつ、家主にも気があったりする。

 そんな状況でセックスに興味を持つ息子には、幼なじみの女友達がいるが、「セックスしたら友達じゃなくなる」という友達の一言で2人はキスさえしたことがない。それでも息子の部屋から出てきた彼女に、母親が関係を問い詰める。否定されても半信半疑で、落ち着かずにたばこをぷかぷか。それで、「たばこは毒よ」と忠告され、返した言葉だ。

 銀幕のスター、ハンフリー・ボガートらがくゆらす紫煙を粋だと思って育った女性ならではだろう。若いころは、空軍のパイロットになるのが夢だったというのもうなずける男勝りを、名女優アネット・ベニングが見事に演じる。こんな女性が飲み屋のママだったら……。通い続けること間違いナシだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る