クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

20センチュリ-・ウーマン(2016年・米国)

公開日: 更新日:

 1979年、米西海岸で暮らす55歳のシングルマザーは、思春期を迎えた一人息子の行動に不安を募らせる。多感な時期の男ならではのバカ遊びが全く理解できない。

 そんな2人の家には、アラサー女子と元ヒッピーの大工が下宿。ワンナイトラブを好む大工は女をとっかえひっかえで、アラサー女子と関係を持ちつつ、家主にも気があったりする。

 そんな状況でセックスに興味を持つ息子には、幼なじみの女友達がいるが、「セックスしたら友達じゃなくなる」という友達の一言で2人はキスさえしたことがない。それでも息子の部屋から出てきた彼女に、母親が関係を問い詰める。否定されても半信半疑で、落ち着かずにたばこをぷかぷか。それで、「たばこは毒よ」と忠告され、返した言葉だ。

 銀幕のスター、ハンフリー・ボガートらがくゆらす紫煙を粋だと思って育った女性ならではだろう。若いころは、空軍のパイロットになるのが夢だったというのもうなずける男勝りを、名女優アネット・ベニングが見事に演じる。こんな女性が飲み屋のママだったら……。通い続けること間違いナシだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る