• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

パトリオット・デイ(2016年・米国)

 2013年、ボストンマラソンのゴール地点を警備していた市警の刑事トミーを軸にドラマが展開。爆弾テロの再現で、何が起こるか分かりつつも見入ってしまう。登場人物はトミー役のマーク・ウォールバーグら芸達者ばかりで、監視カメラ映像から犯人を割り出す緊迫した臨場感やテロリストに射殺された警官のドラマもしっかり描かれているからだろう。

 テロと断定されたことで捜査権を握ったFBIは、犯人の妻を勾留。狂信的な夫に隷従する相手に爆弾のありかを迫るが、口を割らない。殉教者の夫に従えば自分も天国に行けると強気だ。

 狂った夫婦にも一人娘が。そこで、ヒジャブをまとった女性捜査官が放った言葉だ。

 当時のオバマ大統領の演説を挟むことで、映画はリアル感が増す。住宅街での爆破シーンはヘタなアクション映画よりドキドキの連続。犯人の兄弟は、兄が死亡、弟は潜伏先で確保される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る