クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

パトリオット・デイ(2016年・米国)

公開日: 更新日:

 2013年、ボストンマラソンのゴール地点を警備していた市警の刑事トミーを軸にドラマが展開。爆弾テロの再現で、何が起こるか分かりつつも見入ってしまう。登場人物はトミー役のマーク・ウォールバーグら芸達者ばかりで、監視カメラ映像から犯人を割り出す緊迫した臨場感やテロリストに射殺された警官のドラマもしっかり描かれているからだろう。

 テロと断定されたことで捜査権を握ったFBIは、犯人の妻を勾留。狂信的な夫に隷従する相手に爆弾のありかを迫るが、口を割らない。殉教者の夫に従えば自分も天国に行けると強気だ。

 狂った夫婦にも一人娘が。そこで、ヒジャブをまとった女性捜査官が放った言葉だ。

 当時のオバマ大統領の演説を挟むことで、映画はリアル感が増す。住宅街での爆破シーンはヘタなアクション映画よりドキドキの連続。犯人の兄弟は、兄が死亡、弟は潜伏先で確保される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る