クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

シークレット・オブ・モンスター(2015年、英国・ハンガリー・仏国)

公開日:

 第1次大戦後のフランスの片田舎に、米政府高官がベルサイユ条約締結のため、家族とともに赴任する。金髪の一人息子プレスコットは、だれもが女の子と見間違えるほどのかわいらしさだが、両親には激しく反発。やがて異常な行動をとるようになる。

 哲学者サルトルの短編小説を映像化した本作は、実際の事件をベースに架空の話が本当にあったかのように進行する。とにかく頭が混乱する。たとえば、本当にプレスコットはいたのか―――みたいに。

 その主人公は、周りの大人を翻弄しつつも、美人家庭教師に興味を抱く。渡された童話から得た教訓が今回の言葉だ。

 原作を読んでいないから分からないが、少年のモデルはムソリーニらしい。独裁者は幼いころ大人に投石したり、女の子のようないでたちだったらしく、少年の映像とダブる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る