クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

LION/ライオン~25年目のただいま(2016年、豪国)

公開日: 更新日:

 昨年のアカデミー賞レースに絡んだ話題作は、タスマニアで暮らすインド人青年サルーが主人公。5歳のときインドで迷子になったことから養子に。慈悲深い養母に育てられながらも、つらい過去に悩まされ続ける。

 ある日、大学の友人の勧めで、グーグルアースを駆使して故郷探しを始める。実の母親と兄弟は今も自分を探してると信じて。迷子になった当時の記憶を頼りに日夜、パソコンに向かうが、故郷探しは親切な養母に対する裏切りだと心を痛める。そんな彼に養母が明かした胸の内だ。

 養母は、厳しい父へのトラウマから、子供につらい思いをさせる大人にはなりたくないという考え。出産できる体だが、不運な子供がたくさんいる現代は、そういう子供を助けることに意義を感じ、夫と合意の上でサルーを養子に迎えたことを打ち明ける。オスカー女優ニコール・キッドマンのセリフにグッとくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る