クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

LION/ライオン~25年目のただいま(2016年、豪国)

公開日: 更新日:

 昨年のアカデミー賞レースに絡んだ話題作は、タスマニアで暮らすインド人青年サルーが主人公。5歳のときインドで迷子になったことから養子に。慈悲深い養母に育てられながらも、つらい過去に悩まされ続ける。

 ある日、大学の友人の勧めで、グーグルアースを駆使して故郷探しを始める。実の母親と兄弟は今も自分を探してると信じて。迷子になった当時の記憶を頼りに日夜、パソコンに向かうが、故郷探しは親切な養母に対する裏切りだと心を痛める。そんな彼に養母が明かした胸の内だ。

 養母は、厳しい父へのトラウマから、子供につらい思いをさせる大人にはなりたくないという考え。出産できる体だが、不運な子供がたくさんいる現代は、そういう子供を助けることに意義を感じ、夫と合意の上でサルーを養子に迎えたことを打ち明ける。オスカー女優ニコール・キッドマンのセリフにグッとくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る