二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

小栗、妻夫木、玉木宏も…難しい“イケメン俳優”からの卒業

公開日: 更新日:

 美男コンテストから芸能界に入り「ライダー」ものに出演。若い母親をもとりこにしてドラマ界に進出。俳優の階段を上る通称「イケメン俳優」。そこに子役出身やスカウトなど従来の形からの俳優も加わり、「イケメン俳優」枠は群雄割拠状態だった。

 必然的にドラマ出演を巡る椅子取りゲーム。脱落して犯罪に手を染める俳優も出現した。演劇関係者によれば、「高倉健も松田優作もそう言われたことがないように、“イケメン”の肩書は売り出すための手段。“イケメン”の肩書が取れて初めて一人前の俳優」という。アイドルが「アイドル枠」から卒業するように、イケメン枠も卒業が必要な時代。とはいえ、AKB48のように卒業宣言はない。暗黙のうちに卒業が必要だが、すでに先駆者はいる。小栗旬妻夫木聡藤原竜也の面々。

 3人ともイケメン俳優枠で活躍していたが、結婚の前後から本格派の俳優に移行していた。例えば、妻夫木――。2年前に出演した映画「怒り」でゲイ役に挑戦。大胆な男性とのラブシーンまで演じ、「あのイケメン俳優がここまでやるの」と驚きを与えた。同じ年に結婚も発表したが、偶然ではないと思う。本人の意思に関係なく「イケメン俳優」枠に入れば、結婚はマイナスに作用する一面もある。脱却するにはまずは芸風を変える。妻夫木も「作品の高評価で女性人気に頼らなくても大丈夫」と感じ取ったはず。小栗も藤原もしかり。出演作品と結婚によりイケメン枠から脱却。今では映画を中心に俳優業に専念している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  2. 2
    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

  3. 3
    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

  4. 4
    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

  5. 5
    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

もっと見る

  1. 6
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 7
    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

  3. 8
    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

  4. 9
    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…