二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

小栗、妻夫木、玉木宏も…難しい“イケメン俳優”からの卒業

公開日: 更新日:

 美男コンテストから芸能界に入り「ライダー」ものに出演。若い母親をもとりこにしてドラマ界に進出。俳優の階段を上る通称「イケメン俳優」。そこに子役出身やスカウトなど従来の形からの俳優も加わり、「イケメン俳優」枠は群雄割拠状態だった。

 必然的にドラマ出演を巡る椅子取りゲーム。脱落して犯罪に手を染める俳優も出現した。演劇関係者によれば、「高倉健も松田優作もそう言われたことがないように、“イケメン”の肩書は売り出すための手段。“イケメン”の肩書が取れて初めて一人前の俳優」という。アイドルが「アイドル枠」から卒業するように、イケメン枠も卒業が必要な時代。とはいえ、AKB48のように卒業宣言はない。暗黙のうちに卒業が必要だが、すでに先駆者はいる。小栗旬妻夫木聡藤原竜也の面々。

 3人ともイケメン俳優枠で活躍していたが、結婚の前後から本格派の俳優に移行していた。例えば、妻夫木――。2年前に出演した映画「怒り」でゲイ役に挑戦。大胆な男性とのラブシーンまで演じ、「あのイケメン俳優がここまでやるの」と驚きを与えた。同じ年に結婚も発表したが、偶然ではないと思う。本人の意思に関係なく「イケメン俳優」枠に入れば、結婚はマイナスに作用する一面もある。脱却するにはまずは芸風を変える。妻夫木も「作品の高評価で女性人気に頼らなくても大丈夫」と感じ取ったはず。小栗も藤原もしかり。出演作品と結婚によりイケメン枠から脱却。今では映画を中心に俳優業に専念している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る