• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

狂言めいた言い訳に終始する“殺人鬼”の脳内を知りたい

 ムシムシした日が続く中、どうしてこんな身の毛がよだつ殺人者が立て続けに現れるのか。誰かしっかり解説してほしいのだが、テレビ出演する元警察官という肩書の人たちも犯人の心の中までは知らないようだ。富山市で若者が交番の警官を襲って刺殺し、拳銃を奪い、近くの小学校内に居合わせた警備員も射殺し、揚げ句に駆けつけた警官に撃たれて重体のまま捕まった。

 考えたら、日本中の警官の数以上の銃があるのだし、アメリカの銃乱射の連鎖反応かとも思ってしまうし、ここまで不可解な悪夢を連続で知るとこっちの頭の中までおかしくなる。普通に暮らせやしない。何の所為で何が原因でと解けない謎にストレスがたまるばかりだ。あの“新幹線車内の殺人鬼”と同世代の“同じような計画殺人”はいつまで続くのだろう。

 この男は元自衛官だったというが、自衛隊にいる間に同僚からいじめられていたわけでもなさそうで、その環境が殺人鬼を育てたのでもなさそうだ。以前の彼を知る人間は、「マジメで挨拶もしっかりする子でした」とよく聞くようなことしか話さない。それはそうでも、ちゃんと挨拶できるから人は殺さないという理屈はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る