• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

関ジャニ安田 脳腫瘍手術でも“すばる脱退”でツアー休めず

 関ジャニ∞の安田章大(33)が昨年2月に良性髄膜腫が見つかり、摘出手術をしていたことが2日、ジャニーズ事務所の公式サイトで発表された。

 術後は順調だったというが、4月9日に立ちくらみにより自宅で転倒。背中と腰を骨折し、全治3カ月の重傷を負ったため、4月15日に行われたメンバーの渋谷すばる(36)の「脱退会見」も欠席していた。その理由についても「関ジャニ∞が7人から6人になることで……このタイミングでこれ以上のご心配をおかけするべきではないという判断からです」と明かした。安田は7月からの全国ツアーではダンスは踊らないものの、歌やトークで参加すると明かしている。

 脳腫瘍の摘出という大手術にもかかわらず、その後もレギュラー番組に何食わぬ顔で出演していたというから驚きだが、ジャニーズ事務所はTOKIOとNEWSは不祥事で大揺れ。KAT―TUNはメンバーが半減、ついにHey!Say!JUMPからも岡本圭人(25)が海外留学で抜けてしまい、どのグループも歯抜け状態である。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る