弁護士・三輪記子さんの人生を決めた池ノ上のバーでの一言

公開日:

 情報ワイド「ビビット」(TBS系)や、バラエティーでも活躍する弁護士の三輪記子さん。大学時代からある店に通い続け、朝まで飲んでは、いろんな人の話を聞いて弁護士になることを決意した……。

 最初に飲んだのは学生時代。友だちの家で缶チューハイでした。「お酒って飲むと気持ちよくなるんだ」と最初からわかって、それ以来、お酒は好きですね。

 東京大学で陸上部と映画研究会に入ってて、どちらも飲み会があったので、よく飲んでいました。ビールや焼酎だったかな。陸上部の練習が駒場なので、渋谷か下北沢はひとりでも徘徊して飲み歩いたり(笑い)。大学時代はどう考えても飲んでばかりでしたね。

 酒席で忘れられないのは池ノ上にある「魔人屋」という気楽なバー。入り浸ってました。いろんな人が来るので面白いんです。芸能人も来るけど、偉い人だろうと私のような20歳そこそこの学生であろうと、40代のママがみんな平等に接する。だからお客同士も対等に話す。ママの家みたいな感じでスナックっぽい雰囲気ですかね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る