クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

セブン・シスターズ(2017年・英、米、仏、ベルギー)

公開日:

 中国のデジタル管理社会を皮肉ったような設定だ。近未来を描くSF社会は、爆発的人口増加で一人っ子政策を施行。2人目からの子供はクライオスリープとして児童分配局により冷凍保存されるという。

 そんな中、一卵性7つ子の姉妹が誕生。それぞれに曜日の名前が与えられ、自分の名前の曜日にのみ外出できる。外出時は、ひとりの女性、カレンとして生きていく。

 月曜は野心家で、火曜はマリフアナ好きの自由人、水曜は格闘好き……とそれぞれの異なる性格を女優ノオミ・ラパスがひとりで見事に演じ分けている。素晴らしい。

 頭脳明晰な金曜の功績で大手銀行に勤めるまで成長するが、ある日、月曜が仕事から帰らず失踪する。その翌日、火曜がほかの姉妹に連絡を取りながら月曜を捜しに出るが、分配局に拉致されてしまう。


 局の管理をすり抜けて7人が生きていることが世間に知れ渡れば、局のトップ、ケイマン博士は責任を問われる。その危機感から、ほかの曜日は一人、また一人と消されていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る