クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

セブン・シスターズ(2017年・英、米、仏、ベルギー)

公開日:

 中国のデジタル管理社会を皮肉ったような設定だ。近未来を描くSF社会は、爆発的人口増加で一人っ子政策を施行。2人目からの子供はクライオスリープとして児童分配局により冷凍保存されるという。

 そんな中、一卵性7つ子の姉妹が誕生。それぞれに曜日の名前が与えられ、自分の名前の曜日にのみ外出できる。外出時は、ひとりの女性、カレンとして生きていく。

 月曜は野心家で、火曜はマリフアナ好きの自由人、水曜は格闘好き……とそれぞれの異なる性格を女優ノオミ・ラパスがひとりで見事に演じ分けている。素晴らしい。

 頭脳明晰な金曜の功績で大手銀行に勤めるまで成長するが、ある日、月曜が仕事から帰らず失踪する。その翌日、火曜がほかの姉妹に連絡を取りながら月曜を捜しに出るが、分配局に拉致されてしまう。


 局の管理をすり抜けて7人が生きていることが世間に知れ渡れば、局のトップ、ケイマン博士は責任を問われる。その危機感から、ほかの曜日は一人、また一人と消されていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る