クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

エリザのために(2016年、ルーマニア、仏、ベルギー)

公開日:

 1990年代のルーマニアは、民主化が進まず、汚職や不正がはびこっている。医師ロメオはそんな母国に失望し、愛娘エリザには英国に留学して自由に生きて欲しいと願う。

 留学に必要な国家試験前日、娘は暴漢に襲われる。白昼堂々の犯行で、周囲に人がいながら、だれも助けようとしないことに驚く。合格圏内にいた娘は激しく動揺し、合格が危ぶまれる。

 娘のためにと、父は嫌っていた不正に手を染め、警察署長や副市長に娘の合格を働きかける。ところが、副市長は疑惑まみれで、検察はかねてマーク。電話が盗聴されていたため、父の不正が明らかに。追い込まれた父に、検察官が紹介した聖書の一文がコレ。

 どこかの首相のようにコネを使ってのうのうと暮らす人とロメオを比べたらかわいそうだが、人間はやっぱり弱い。娘のために不正を働く父親には、どこか同情する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る