• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

エリザのために(2016年、ルーマニア、仏、ベルギー)

 1990年代のルーマニアは、民主化が進まず、汚職や不正がはびこっている。医師ロメオはそんな母国に失望し、愛娘エリザには英国に留学して自由に生きて欲しいと願う。

 留学に必要な国家試験前日、娘は暴漢に襲われる。白昼堂々の犯行で、周囲に人がいながら、だれも助けようとしないことに驚く。合格圏内にいた娘は激しく動揺し、合格が危ぶまれる。

 娘のためにと、父は嫌っていた不正に手を染め、警察署長や副市長に娘の合格を働きかける。ところが、副市長は疑惑まみれで、検察はかねてマーク。電話が盗聴されていたため、父の不正が明らかに。追い込まれた父に、検察官が紹介した聖書の一文がコレ。

 どこかの首相のようにコネを使ってのうのうと暮らす人とロメオを比べたらかわいそうだが、人間はやっぱり弱い。娘のために不正を働く父親には、どこか同情する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る