• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

エンドレス・マーダー(2014年・オーストラリア)

 殺し屋スティーブンはパーシバルという男から自分を殺してくれと依頼される。望み通り銃で頭を撃つが、致命傷にならなかった。飛び降り自殺を試みても、失敗に。復活劇が何度も続くと、2人の間には、奇妙な友情が芽生えていく。

 依頼主はゲイ。恋人を殺され、生きる気力を失っていたとき、ゲイ差別の集団に襲われる。友人を見舞い、リンチの実態を知ると、集団への報復を誓う。集団のリーダーを連れ出し、その股間に鉛の玉を2発ぶち込む。のたうち回る相手に浴びせた言葉だ。

 ほかのメンバーはひとり残さず殺される。唯一の生き残りだ。残りの人生、傷口を目にするたびに友人に行ったリンチを後悔させたいのだろう。

 サスペンス好きには興味をそそられる面白い着想で、練られたシナリオとパラノイア的な映像の数々。役者の好演もあって、ラストまで飽きることなく見られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る