クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

エンドレス・マーダー(2014年・オーストラリア)

公開日:

 殺し屋スティーブンはパーシバルという男から自分を殺してくれと依頼される。望み通り銃で頭を撃つが、致命傷にならなかった。飛び降り自殺を試みても、失敗に。復活劇が何度も続くと、2人の間には、奇妙な友情が芽生えていく。

 依頼主はゲイ。恋人を殺され、生きる気力を失っていたとき、ゲイ差別の集団に襲われる。友人を見舞い、リンチの実態を知ると、集団への報復を誓う。集団のリーダーを連れ出し、その股間に鉛の玉を2発ぶち込む。のたうち回る相手に浴びせた言葉だ。

 ほかのメンバーはひとり残さず殺される。唯一の生き残りだ。残りの人生、傷口を目にするたびに友人に行ったリンチを後悔させたいのだろう。

 サスペンス好きには興味をそそられる面白い着想で、練られたシナリオとパラノイア的な映像の数々。役者の好演もあって、ラストまで飽きることなく見られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る