クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

エンドレス・マーダー(2014年・オーストラリア)

公開日:

 殺し屋スティーブンはパーシバルという男から自分を殺してくれと依頼される。望み通り銃で頭を撃つが、致命傷にならなかった。飛び降り自殺を試みても、失敗に。復活劇が何度も続くと、2人の間には、奇妙な友情が芽生えていく。

 依頼主はゲイ。恋人を殺され、生きる気力を失っていたとき、ゲイ差別の集団に襲われる。友人を見舞い、リンチの実態を知ると、集団への報復を誓う。集団のリーダーを連れ出し、その股間に鉛の玉を2発ぶち込む。のたうち回る相手に浴びせた言葉だ。

 ほかのメンバーはひとり残さず殺される。唯一の生き残りだ。残りの人生、傷口を目にするたびに友人に行ったリンチを後悔させたいのだろう。

 サスペンス好きには興味をそそられる面白い着想で、練られたシナリオとパラノイア的な映像の数々。役者の好演もあって、ラストまで飽きることなく見られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る