またしても…華原朋美SNS突如閉鎖で危ぶまれる精神状態

公開日:

「今日限りでインスタとツイッター辞めます皆さんのコメント嬉しかったです!」などと切り出し、華原朋美(43)が自身のツイッターで突如SNSを閉鎖、さまざまな臆測を呼んでいる。理由については明らかにせず、「やっふぉーい! みんな元気でね! ばいばーい!」と一方的に結んでいる。

 華原は先ごろ、73歳の大手戸建て分譲会社会長との不倫疑惑をフライデーに報じられ、同誌の直撃に「お父さんのような存在ですから……」とコメント。その後のSNSで「私は私の幸せを考えたいな…華原朋美の幸せではなく…」と意味深なメッセージを載せていた。

 昨年には宮沢りえ、満島ひかり、真木よう子ら芸能人のSNSアカウント閉鎖が相次ぎ、「ツイート(投稿)に対する心ないリプライ(応答)」や迷惑行為、トラブルなどが原因ではないかとみられていた。これらを含めて「SNS疲れ」と命名する報道もあった。華原はどうしたのだろうか。スポーツ紙芸能デスクはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る