• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

 1991年が明け、RCサクセションは活動を休止した。RCの事務所「うむ」は解散、清志郎は個人事務所「ベイビィズ」を設立して次のステップに入る。

 清志郎の勢いはここでも止まらない。清水建設のCMソングに起用された「パパの歌」(作詞・糸井重里、作曲・忌野清志郎)、その第2弾「パパの手の歌」(作詞・作曲=同)など次々にヒットを飛ばし、坂本冬美、細野晴臣と組んだ異色ユニット「HIS」も大成功した。

 一方、仲井戸麗市(チャボ)は、ソロ活動と並行し、THE STREET SLIDERSの土屋公平(蘭丸)と「麗蘭」を結成、脚光を集めた。

 清志郎とチャボは、それぞれ順調なスタートを切った。が、しかしその内心はいかばかりだろうか。

「バンドも長くやっていれば、いろんなことが起こると思います。50年以上も続いているローリング・ストーンズはもう超別格の奇跡に近いですよね。この時、RCはデビュー20周年を迎えていました。エレキ編成後から数えても10年以上です。十分長いですよね。活動休止について清志郎さんは『大失恋した気分』とたとえ、失恋の『後遺症』が1年ぐらいは続いたと。新しいバンドを始める気分になれなかったと語っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る