片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

公開日: 更新日:

 1991年が明け、RCサクセションは活動を休止した。RCの事務所「うむ」は解散、清志郎は個人事務所「ベイビィズ」を設立して次のステップに入る。

 清志郎の勢いはここでも止まらない。清水建設のCMソングに起用された「パパの歌」(作詞・糸井重里、作曲・忌野清志郎)、その第2弾「パパの手の歌」(作詞・作曲=同)など次々にヒットを飛ばし、坂本冬美、細野晴臣と組んだ異色ユニット「HIS」も大成功した。

 一方、仲井戸麗市(チャボ)は、ソロ活動と並行し、THE STREET SLIDERSの土屋公平(蘭丸)と「麗蘭」を結成、脚光を集めた。

 清志郎とチャボは、それぞれ順調なスタートを切った。が、しかしその内心はいかばかりだろうか。

「バンドも長くやっていれば、いろんなことが起こると思います。50年以上も続いているローリング・ストーンズはもう超別格の奇跡に近いですよね。この時、RCはデビュー20周年を迎えていました。エレキ編成後から数えても10年以上です。十分長いですよね。活動休止について清志郎さんは『大失恋した気分』とたとえ、失恋の『後遺症』が1年ぐらいは続いたと。新しいバンドを始める気分になれなかったと語っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る