片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

公開日:

 1991年が明け、RCサクセションは活動を休止した。RCの事務所「うむ」は解散、清志郎は個人事務所「ベイビィズ」を設立して次のステップに入る。

 清志郎の勢いはここでも止まらない。清水建設のCMソングに起用された「パパの歌」(作詞・糸井重里、作曲・忌野清志郎)、その第2弾「パパの手の歌」(作詞・作曲=同)など次々にヒットを飛ばし、坂本冬美、細野晴臣と組んだ異色ユニット「HIS」も大成功した。

 一方、仲井戸麗市(チャボ)は、ソロ活動と並行し、THE STREET SLIDERSの土屋公平(蘭丸)と「麗蘭」を結成、脚光を集めた。

 清志郎とチャボは、それぞれ順調なスタートを切った。が、しかしその内心はいかばかりだろうか。

「バンドも長くやっていれば、いろんなことが起こると思います。50年以上も続いているローリング・ストーンズはもう超別格の奇跡に近いですよね。この時、RCはデビュー20周年を迎えていました。エレキ編成後から数えても10年以上です。十分長いですよね。活動休止について清志郎さんは『大失恋した気分』とたとえ、失恋の『後遺症』が1年ぐらいは続いたと。新しいバンドを始める気分になれなかったと語っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る