片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

幼稚園で画期的ライブ お客さんの園児がノリノリで踊った

公開日:

 片岡さんは4年前の初夏、国立に今もある清志郎の実家を訪ねている。閑静な住宅街にある2階建ての古家。今や住人は親戚に代わっているが、よく手入れされた庭には藤棚があった。

「清志郎さんの私小説『十年ゴム消し』のカバーに描かれた絵が、子どもの頃の心象風景なのでしょう。文中にもその様子があります。のどかでいて切ない。誰しもが持つ普遍的な幼子の感情が書かれています。実家は、実際には国分寺市ですが、駅は国立が近い。いとこの方に聞いた子どもの頃の話では、『ここは国立だ』と言うと、清志ちゃんは『違う! 駅は国立でも住所は国分寺!』と譲らなかったんですって。こだわり屋の清志郎さんを垣間見る話です」

■国立は聖地

 国立は清志郎やRCファンにとっての聖地。歌詞には「多摩蘭坂」「一つ橋(一橋大学)」「大学通り」「南口(国立)」など、実際の地名や場所が多々登場する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る