片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

幼稚園で画期的ライブ お客さんの園児がノリノリで踊った

公開日:

 片岡さんは4年前の初夏、国立に今もある清志郎の実家を訪ねている。閑静な住宅街にある2階建ての古家。今や住人は親戚に代わっているが、よく手入れされた庭には藤棚があった。

「清志郎さんの私小説『十年ゴム消し』のカバーに描かれた絵が、子どもの頃の心象風景なのでしょう。文中にもその様子があります。のどかでいて切ない。誰しもが持つ普遍的な幼子の感情が書かれています。実家は、実際には国分寺市ですが、駅は国立が近い。いとこの方に聞いた子どもの頃の話では、『ここは国立だ』と言うと、清志ちゃんは『違う! 駅は国立でも住所は国分寺!』と譲らなかったんですって。こだわり屋の清志郎さんを垣間見る話です」

■国立は聖地

 国立は清志郎やRCファンにとっての聖地。歌詞には「多摩蘭坂」「一つ橋(一橋大学)」「大学通り」「南口(国立)」など、実際の地名や場所が多々登場する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る