片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「デイ・ドリーム・ビリーバー」に込められた実母への思い

公開日:

 2006年、清志郎に最初のがん(喉頭がん)が見つかる。清志郎は医師の摘出手術の助言を断り、抗がん剤と放射線での治療、その後は代替医療を選択し、歌い続けることを望んだ。

 だが、がん発症は、本人にもある種の覚悟のようなものがあったのではなかろうか。清志郎は3歳で死に別れた実母の富貴子さんがいる。死因は胃がんだった。

 心の中にはこの実母の「DNA」が色濃く影響していた可能性がある。

「88年2月に、清志郎さんの養父が心筋梗塞で他界します。その2年前には、養母も永眠していました。父の葬儀を終えた後、親戚が蔵に保管していた実母の遺品を届けてくれて、初めて母の存在を現実に見たのですね。これまで封印してきた本当のお母さんへの思いが解き放たれたのかもしれません」

 本人が著書「ネズミに捧ぐ詩」(KADOKAWA/中経出版)や、黒柳徹子の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)でも語っていたように、清志郎は母とのあまりの共通点の多さに驚いたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る