片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

気さくな人柄で氷室、米米、ブルーハーツら後輩に慕われた

公開日:

 80年代初頭にブレークしたRCサクセションは、社会的にロックの位置を確立し、他のロックバンドへ影響を与えるまでの存在となった。

 デビューしたが、なかなか芽の出ない氷室京介(57)が、故郷の群馬県に帰ろうとしていた時期にRCのライブを見てもう一度やり直そうと決意。これが新バンド(後のBOO/WY)の結成につながったといわれている。氷室は「清志郎さんがいなければ、俺たち後続のボーカリストは目印を失っていた」と忌野のことを語っている。

 フジロックフェスティバル(97年~)の10年以上前、全国で野外ライブが多数開催され始めた。RCはライブの王様と呼ばれ、トリを務めることが多かった。

「爆風スランプ、米米CLUB、バービーボーイズ、吉川晃司、ザ・ブルーハーツ、当時の若手バンドの彼らとは80年代の夏フェスでよく一緒でした。清志郎さんが一歩楽屋を出ると、彼らにすぐ囲まれる(笑い)。挨拶にやって来るんですが、そのままステージ裏の芝生かなんかに座って話し込むこともありましたね。今のような巨大化夏フェスではなく、のどかなものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る