片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

気さくな人柄で氷室、米米、ブルーハーツら後輩に慕われた

公開日:

 80年代初頭にブレークしたRCサクセションは、社会的にロックの位置を確立し、他のロックバンドへ影響を与えるまでの存在となった。

 デビューしたが、なかなか芽の出ない氷室京介(57)が、故郷の群馬県に帰ろうとしていた時期にRCのライブを見てもう一度やり直そうと決意。これが新バンド(後のBOO/WY)の結成につながったといわれている。氷室は「清志郎さんがいなければ、俺たち後続のボーカリストは目印を失っていた」と忌野のことを語っている。

 フジロックフェスティバル(97年~)の10年以上前、全国で野外ライブが多数開催され始めた。RCはライブの王様と呼ばれ、トリを務めることが多かった。

「爆風スランプ、米米CLUB、バービーボーイズ、吉川晃司、ザ・ブルーハーツ、当時の若手バンドの彼らとは80年代の夏フェスでよく一緒でした。清志郎さんが一歩楽屋を出ると、彼らにすぐ囲まれる(笑い)。挨拶にやって来るんですが、そのままステージ裏の芝生かなんかに座って話し込むこともありましたね。今のような巨大化夏フェスではなく、のどかなものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る