片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

お決まりの「愛しあってるかい?」に込められた深い意味

公開日: 更新日:

 5月2日の清志郎の命日には、今年もファン有志らのイベントが開催された。

 早いもので、彼が58歳で世を去ってから9年の歳月が流れた。

 そんなロックスターには、ステージ上でお決まりのフレーズがあった。代表例が「愛しあってるかい?」だ。

「清志郎さんはライブの終盤になると、必ず観客にそう問いかけていました。もともとは、敬愛するオーティス・レディングがライブの合間に観客に投げかけた『Weallloveeachother,don’twe?』からきているみたいです。モンタレー・ポップ・フェスティバル(1967年)の映画を見た際、字幕に『愛しあってるかい?』と出ていたそうです。それにいたく感動したと語ってますね」

 清志郎のお気に入りのフレーズは、81年に「愛しあってるかい」(宝島社から改訂復刻)という書籍のタイトルにも使用された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    虎糸井もはや不良債権 去就はドラフトでの近大・佐藤次第

もっと見る