• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

お決まりの「愛しあってるかい?」に込められた深い意味

 5月2日の清志郎の命日には、今年もファン有志らのイベントが開催された。

 早いもので、彼が58歳で世を去ってから9年の歳月が流れた。

 そんなロックスターには、ステージ上でお決まりのフレーズがあった。代表例が「愛しあってるかい?」だ。

「清志郎さんはライブの終盤になると、必ず観客にそう問いかけていました。もともとは、敬愛するオーティス・レディングがライブの合間に観客に投げかけた『Weallloveeachother,don’twe?』からきているみたいです。モンタレー・ポップ・フェスティバル(1967年)の映画を見た際、字幕に『愛しあってるかい?』と出ていたそうです。それにいたく感動したと語ってますね」

 清志郎のお気に入りのフレーズは、81年に「愛しあってるかい」(宝島社から改訂復刻)という書籍のタイトルにも使用された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る