片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

お決まりの「愛しあってるかい?」に込められた深い意味

公開日:

 5月2日の清志郎の命日には、今年もファン有志らのイベントが開催された。

 早いもので、彼が58歳で世を去ってから9年の歳月が流れた。

 そんなロックスターには、ステージ上でお決まりのフレーズがあった。代表例が「愛しあってるかい?」だ。

「清志郎さんはライブの終盤になると、必ず観客にそう問いかけていました。もともとは、敬愛するオーティス・レディングがライブの合間に観客に投げかけた『Weallloveeachother,don’twe?』からきているみたいです。モンタレー・ポップ・フェスティバル(1967年)の映画を見た際、字幕に『愛しあってるかい?』と出ていたそうです。それにいたく感動したと語ってますね」

 清志郎のお気に入りのフレーズは、81年に「愛しあってるかい」(宝島社から改訂復刻)という書籍のタイトルにも使用された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る