• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ハコイリ♥ムスメ」にアイドルに夢中だった夏を思い出す

 もし「おニャン子クラブ」に出会わなかったら、いまごろどんな音楽を聴き、どんな休日を送っていただろうか。筆者はときどき、そう想像する。

「ハコイリ♥ムスメ(略称・ハコムス)」は、80~90年代のアイドルグループの名曲を歌い継ぐことをコンセプトにした8人組。一色紗英や相武紗季と同じ大手芸能事務所・ボックスコーポレーションに所属している。この日は、おニャン子の名曲だけを歌う「Respect forおニャン子クラブ」公演の3回目。ライブは、おニャン子のファーストアルバム「KICK OFF」の最初の曲「いじわるねDarlin’」から始まった。

 誰もが知っている曲ではなく、こうしたちょっと通好みの曲を歌うのが、「ハコムス」のいいところ。彼女たちのライブはコールが禁止で、手拍子をしながら静かに聴く。あの大騒ぎのおニャン子クラブの現場を見ていた者としては、「恋はくえすちょん」や「お先に失礼」を静かに聴くのはちょっと違和感(笑い)。ちなみに歌は本家よりうまい。それまでの歌謡界の秩序を壊すのが魅力だったおニャン子と、歌を大切にするハコムス。どちらが良いではなく、ここはタイプの違いというべきだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る