「ハコイリ♥ムスメ」にアイドルに夢中だった夏を思い出す

公開日: 更新日:

 もし「おニャン子クラブ」に出会わなかったら、いまごろどんな音楽を聴き、どんな休日を送っていただろうか。筆者はときどき、そう想像する。

「ハコイリ♥ムスメ(略称・ハコムス)」は、80~90年代のアイドルグループの名曲を歌い継ぐことをコンセプトにした8人組。一色紗英や相武紗季と同じ大手芸能事務所・ボックスコーポレーションに所属している。この日は、おニャン子の名曲だけを歌う「Respect forおニャン子クラブ」公演の3回目。ライブは、おニャン子のファーストアルバム「KICK OFF」の最初の曲「いじわるねDarlin’」から始まった。

 誰もが知っている曲ではなく、こうしたちょっと通好みの曲を歌うのが、「ハコムス」のいいところ。彼女たちのライブはコールが禁止で、手拍子をしながら静かに聴く。あの大騒ぎのおニャン子クラブの現場を見ていた者としては、「恋はくえすちょん」や「お先に失礼」を静かに聴くのはちょっと違和感(笑い)。ちなみに歌は本家よりうまい。それまでの歌謡界の秩序を壊すのが魅力だったおニャン子と、歌を大切にするハコムス。どちらが良いではなく、ここはタイプの違いというべきだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  7. 7

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  8. 8

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

  9. 9

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

  10. 10

    大谷翔平メジャー2年目でも“英語しゃべらず”伝説は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る