• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「神激」ライブで沸きまくり 若いオタクの輪に入る楽しさ

神使轟く、激情の如く。「NEO激」(6月11日、渋谷Glad)

 アイドルライブの楽しみにはいろいろあるが、ひとつには客席で思い切り沸く(盛り上がって騒ぐ)ことがある。今回紹介するのは、「神使轟く、激情の如く。(略称・神激)」。ちょっと変わったグループ名だが、沸きたいオタクに最近評価が高い。この日は筆者がお気に入りの「NEO JAPONISM」とツーマンライブということで、渋谷へ急いだ。

「神激」は昨年9月にお披露目。その後メンバーの入れ替わりがあり、現在は5人で活動している。センターの生牡蠣いもこ(イクッがきいもこ・担当カラー=青)は、黙っていれば美女だが、名前の通りの下ネタ担当。実久里ことの(じっくりことの・白)は、だてメガネがかわいいリーダー。心温なぎさ(ここあなぎさ・赤)はダンスで魅せ、魔城もも(ましろもも・ピンク)は少しぽっちゃりのかわいいタイプ。新メンバーの涙染あまね(るいせんあまね・紫)は、かわいいが少々どんくさい印象で、そこが魅力的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る