「神激」ライブで沸きまくり 若いオタクの輪に入る楽しさ

公開日:

神使轟く、激情の如く。「NEO激」(6月11日、渋谷Glad)

 アイドルライブの楽しみにはいろいろあるが、ひとつには客席で思い切り沸く(盛り上がって騒ぐ)ことがある。今回紹介するのは、「神使轟く、激情の如く。(略称・神激)」。ちょっと変わったグループ名だが、沸きたいオタクに最近評価が高い。この日は筆者がお気に入りの「NEO JAPONISM」とツーマンライブということで、渋谷へ急いだ。

「神激」は昨年9月にお披露目。その後メンバーの入れ替わりがあり、現在は5人で活動している。センターの生牡蠣いもこ(イクッがきいもこ・担当カラー=青)は、黙っていれば美女だが、名前の通りの下ネタ担当。実久里ことの(じっくりことの・白)は、だてメガネがかわいいリーダー。心温なぎさ(ここあなぎさ・赤)はダンスで魅せ、魔城もも(ましろもも・ピンク)は少しぽっちゃりのかわいいタイプ。新メンバーの涙染あまね(るいせんあまね・紫)は、かわいいが少々どんくさい印象で、そこが魅力的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る