結成から変わらぬ5人 原宿系「神宿」はメンバー全員が戦友

公開日:

神宿「『HAPPY PARTY NIGHT』リリースイベント」(5月8日、TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店)

 筆者がこのコラムを書かせていただくようになってこれが6回目だが、毎回原稿に「グループからメンバーが卒業」「グループが解散」というくだりを書いている。それだけ移り変わりが激しいのがいまのアイドル業界だ。その中にあって、今回紹介する「神宿」は2014年の結成以来、オリジナルメンバーの5人で続けている貴重なグループだ。

 彼女たちのグループ名は「神宮前」と「原宿」からつけられた。色分けした衣装、「かわいい・全力・応援・夢を届ける(=KMYD)」というコンセプトなど、いわゆる「原宿系アイドル」の代表だ。この日はニューシングル『HAPPY PARTY NIGHT』のリリースイベント。CD店のイベントスペースで、30分のステージと特典会を行った。

 筆者は以前、熱心に彼女たちのステージに通っていたが、今回見たのは約半年ぶり。新曲から代表曲『KMYD』まで聞いて思ったのは、「神宿って、こんなに歌うまかったっけ?」。改めて、「神宿」の歌姫・小山ひな(20・担当カラーはピンク)の歌唱力に驚いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る