山田孝之×菅田将暉「dele」は「トリック」を超えられるか

公開日:

 7月スタートの“夏ドラマ”もあらかた評価が固まりつつあるが、初回が7月27日と最も遅く始まった「dele(ディーリー)」(テレビ朝日=金曜夜11時15分)。山田孝之(34)と菅田将暉(25)W主演の深夜ドラマが、「今期最高かも」と業界内外で高い評価を受けている。

「発表時点から、既にネット上では期待の声が大きかった作品です。初回視聴率5・5%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)は、この枠では前クールの『家政夫のミタゾノ』(7・2%)や、昨年4月クールの『女囚セブン』(7・5%)と比べると物足りない印象です。が、数字はこれから上がっていくと思いますよ」(テレビ誌ライター)

「dele」とは「削除」を意味する校正用語。ドラマは、パソコンやスマホ、タブレットなどの“デジタルデバイス”の中にある、自分の死後に公開されたくないデータを、依頼により「削除」する仕事人の話だ。近年話題になっている「デジタル遺品」をテーマにした山田と菅田の“バディー”もの。テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る