• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

 大ヒットドラマを連発しているTBS系「日曜劇場」。今作は、2016年にのんがヒロイン・すずの声を務めてロングラン上映された「この世界の片隅に」のドラマ版。今作でもヒロイン役には“のん待望論”が高まったが、選ばれたのは3000人が参加したオーディションを勝ち抜いた女優・松本穂香。これまで16年放送の月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」や17年のNHK朝ドラ「ひよっこ」などで好演し、今年に入ってauのCM「意識高すぎ!高杉くん」シリーズの女子高生役で知名度を上げているが、連続ドラマの主演は初めて。

「ヒロインはのんが演じてほしいという待望論が大きかったこともあり、松本の抜擢が発表された際には、有村架純や広末涼子が所属する事務所の“ゴリ押し”ではないかという声もありました。しかし、ドラマがスタートした後からはそんな声は消え、逆に松本のキャラクターが主人公のすずにぴったり重なるなど高い評価をされている。役作りのために、料理や裁縫の練習をし、毎日下駄を履いて過ごすなどした彼女の努力が実を結んだようだ」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る