“のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

公開日:

 大ヒットドラマを連発しているTBS系「日曜劇場」。今作は、2016年にのんがヒロイン・すずの声を務めてロングラン上映された「この世界の片隅に」のドラマ版。今作でもヒロイン役には“のん待望論”が高まったが、選ばれたのは3000人が参加したオーディションを勝ち抜いた女優・松本穂香。これまで16年放送の月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」や17年のNHK朝ドラ「ひよっこ」などで好演し、今年に入ってauのCM「意識高すぎ!高杉くん」シリーズの女子高生役で知名度を上げているが、連続ドラマの主演は初めて。

「ヒロインはのんが演じてほしいという待望論が大きかったこともあり、松本の抜擢が発表された際には、有村架純や広末涼子が所属する事務所の“ゴリ押し”ではないかという声もありました。しかし、ドラマがスタートした後からはそんな声は消え、逆に松本のキャラクターが主人公のすずにぴったり重なるなど高い評価をされている。役作りのために、料理や裁縫の練習をし、毎日下駄を履いて過ごすなどした彼女の努力が実を結んだようだ」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る