“のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

公開日:

 大ヒットドラマを連発しているTBS系「日曜劇場」。今作は、2016年にのんがヒロイン・すずの声を務めてロングラン上映された「この世界の片隅に」のドラマ版。今作でもヒロイン役には“のん待望論”が高まったが、選ばれたのは3000人が参加したオーディションを勝ち抜いた女優・松本穂香。これまで16年放送の月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」や17年のNHK朝ドラ「ひよっこ」などで好演し、今年に入ってauのCM「意識高すぎ!高杉くん」シリーズの女子高生役で知名度を上げているが、連続ドラマの主演は初めて。

「ヒロインはのんが演じてほしいという待望論が大きかったこともあり、松本の抜擢が発表された際には、有村架純や広末涼子が所属する事務所の“ゴリ押し”ではないかという声もありました。しかし、ドラマがスタートした後からはそんな声は消え、逆に松本のキャラクターが主人公のすずにぴったり重なるなど高い評価をされている。役作りのために、料理や裁縫の練習をし、毎日下駄を履いて過ごすなどした彼女の努力が実を結んだようだ」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る