大作続編、本格サスペンス…批評家が厳選する“酷暑の映画”

公開日:

 心頭滅却すれども暑いものは暑い。だったら、仕事はさておき、クーラーがキリッと効いた映画館で涼をとりながらリフレッシュというのも現代社会を生きるサラリーマンの知恵というもの。2018年上半期の映画興行は昨年比で10%程度落ち込んだという。その分を取り戻そうと、各映画会社ともこの夏は、より力の入った話題作、注目作が目白押し。その中から特に大人の観賞に堪えうる良作を多様なジャンルからピックアップ!

 夏らしい華やかな大作が見たいなら「オーシャンズ8」。「オーシャンズ11」(01年)3部作の続編だが、いわゆるリブートなので本作から見ても大丈夫。前作までの主人公ダニーの妹デビー(サンドラ・ブロック)をリーダーに、ファッション界最大の祭典メットガラで1億5000万ドルの宝石を狙う犯罪ドリームチームの活躍を描く。ブラピやジョージ・クルーニーら男くさいオールスター映画だった前シリーズから一転、オスカーウイナーのアン・ハサウェイら当代一流の女優を揃えた「女だらけのオーシャンズ」。強くて狡猾で美しい女たちの仰天計画、ゴージャスすぎる110分間だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る