大作続編、本格サスペンス…批評家が厳選する“酷暑の映画”

公開日:

 心頭滅却すれども暑いものは暑い。だったら、仕事はさておき、クーラーがキリッと効いた映画館で涼をとりながらリフレッシュというのも現代社会を生きるサラリーマンの知恵というもの。2018年上半期の映画興行は昨年比で10%程度落ち込んだという。その分を取り戻そうと、各映画会社ともこの夏は、より力の入った話題作、注目作が目白押し。その中から特に大人の観賞に堪えうる良作を多様なジャンルからピックアップ!

 夏らしい華やかな大作が見たいなら「オーシャンズ8」。「オーシャンズ11」(01年)3部作の続編だが、いわゆるリブートなので本作から見ても大丈夫。前作までの主人公ダニーの妹デビー(サンドラ・ブロック)をリーダーに、ファッション界最大の祭典メットガラで1億5000万ドルの宝石を狙う犯罪ドリームチームの活躍を描く。ブラピやジョージ・クルーニーら男くさいオールスター映画だった前シリーズから一転、オスカーウイナーのアン・ハサウェイら当代一流の女優を揃えた「女だらけのオーシャンズ」。強くて狡猾で美しい女たちの仰天計画、ゴージャスすぎる110分間だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る