大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

“超低予算”ゾンビ映画「カメラを止めるな!」が夢の快進撃

公開日: 更新日:

 先週、映画界に激震が走った。製作費がたった300万円ほどの超低予算映画「カメラを止めるな!」が大ヒットとなったのである。上映館は、都内・新宿のK’s cinema。座席数80ちょっとのミニシアターだが、初日の23日から27日までの5日間、1日全3回の上映が満席状態になった。レイトショー1回のみの池袋シネマ・ロサも健闘している。

 新宿では初週の興収が軽く200万円を超える見込みだという。これなら来週にも同館だけで製作費分の興収が上がる可能性大というわけだ。あり得ない。作品の評判がネットやSNSで広く伝わった。いったい、どんな作品なのか。

 最初、ゾンビ映画らしき三十数分間の映像がワンカットで流れる。チープだ。予算がないので手作り感満載なのはいいとして、さっぱり迫力がない。呆れ果てていると、突拍子もない展開が始まった。撮影の裏事情が映し出され、やけに綿密にリアルに描かれていくのである。血のりをつけ、片腕が落とされ、首も飛ぶ。ゾンビ映画に欠かせない残酷描写の舞台裏が、笑いもふんだんにまぶされ、明らかになっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  2. 2
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  3. 3
    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

もっと見る

  1. 6
    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

  2. 7
    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

  3. 8
    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか

    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか