• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

“超低予算”ゾンビ映画「カメラを止めるな!」が夢の快進撃

 先週、映画界に激震が走った。製作費がたった300万円ほどの超低予算映画「カメラを止めるな!」が大ヒットとなったのである。上映館は、都内・新宿のK’s cinema。座席数80ちょっとのミニシアターだが、初日の23日から27日までの5日間、1日全3回の上映が満席状態になった。レイトショー1回のみの池袋シネマ・ロサも健闘している。

 新宿では初週の興収が軽く200万円を超える見込みだという。これなら来週にも同館だけで製作費分の興収が上がる可能性大というわけだ。あり得ない。作品の評判がネットやSNSで広く伝わった。いったい、どんな作品なのか。

 最初、ゾンビ映画らしき三十数分間の映像がワンカットで流れる。チープだ。予算がないので手作り感満載なのはいいとして、さっぱり迫力がない。呆れ果てていると、突拍子もない展開が始まった。撮影の裏事情が映し出され、やけに綿密にリアルに描かれていくのである。血のりをつけ、片腕が落とされ、首も飛ぶ。ゾンビ映画に欠かせない残酷描写の舞台裏が、笑いもふんだんにまぶされ、明らかになっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る