• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

“超低予算”ゾンビ映画「カメラを止めるな!」が夢の快進撃

 先週、映画界に激震が走った。製作費がたった300万円ほどの超低予算映画「カメラを止めるな!」が大ヒットとなったのである。上映館は、都内・新宿のK’s cinema。座席数80ちょっとのミニシアターだが、初日の23日から27日までの5日間、1日全3回の上映が満席状態になった。レイトショー1回のみの池袋シネマ・ロサも健闘している。

 新宿では初週の興収が軽く200万円を超える見込みだという。これなら来週にも同館だけで製作費分の興収が上がる可能性大というわけだ。あり得ない。作品の評判がネットやSNSで広く伝わった。いったい、どんな作品なのか。

 最初、ゾンビ映画らしき三十数分間の映像がワンカットで流れる。チープだ。予算がないので手作り感満載なのはいいとして、さっぱり迫力がない。呆れ果てていると、突拍子もない展開が始まった。撮影の裏事情が映し出され、やけに綿密にリアルに描かれていくのである。血のりをつけ、片腕が落とされ、首も飛ぶ。ゾンビ映画に欠かせない残酷描写の舞台裏が、笑いもふんだんにまぶされ、明らかになっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る