興収イマイチも…本格ヤクザ映画「孤狼の血」を評論家絶賛

公開日: 更新日:

 春の邦画でピカイチの話題作といえば「孤狼の血」(白石和彌監督)だが、客入りはピカイチとは言い難いようで――。

「初登場3位でオープニング2日間の興行収入は1億4000万円超。最終で20億円が見込めるとの報道もあったが、10億円超えが目先の目標になる」(映画興行関係者)

 製作・配給の東映は、広島でのオールロケにこだわり、キャスティングも主演の役所広司、松坂桃李江口洋介らそうそうたる面々を集めた。テレビスポットも積極的に打ち、製作費、宣伝費ともに惜しげもなくかけた。となれば、同じヤクザ映画で最終15億円を突破した「アウトレイジ 最終章」(2017年)と比べても、10億では物足りないだろう。

 なぜ伸び悩むのか。映画ジャーナリストの大高宏雄氏は、「中高年の年配層からの支持がアツい作品。昨今の映画界に蔓延する若者に媚びたかのようなヤワな表現やコンプライアンスの自主規制を取り払おうという製作陣の気概は大いに評価したい。が、ヤクザ映画のテイストを前面に押し出す宣伝は直球過ぎた感がある。ヒット作はジャンルにかかわらず、幅広い世代からの支持が必要。そもそもバイオレンスやアウトローの世界観は漫画原作の青春モノを見慣れた若い層は受け入れ難く、うまく集客につながっていないのではないか」と分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る