• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

興収イマイチも…本格ヤクザ映画「孤狼の血」を評論家絶賛

 春の邦画でピカイチの話題作といえば「孤狼の血」(白石和彌監督)だが、客入りはピカイチとは言い難いようで――。

「初登場3位でオープニング2日間の興行収入は1億4000万円超。最終で20億円が見込めるとの報道もあったが、10億円超えが目先の目標になる」(映画興行関係者)

 製作・配給の東映は、広島でのオールロケにこだわり、キャスティングも主演の役所広司、松坂桃李、江口洋介らそうそうたる面々を集めた。テレビスポットも積極的に打ち、製作費、宣伝費ともに惜しげもなくかけた。となれば、同じヤクザ映画で最終15億円を突破した「アウトレイジ 最終章」(2017年)と比べても、10億では物足りないだろう。

 なぜ伸び悩むのか。映画ジャーナリストの大高宏雄氏は、「中高年の年配層からの支持がアツい作品。昨今の映画界に蔓延する若者に媚びたかのようなヤワな表現やコンプライアンスの自主規制を取り払おうという製作陣の気概は大いに評価したい。が、ヤクザ映画のテイストを前面に押し出す宣伝は直球過ぎた感がある。ヒット作はジャンルにかかわらず、幅広い世代からの支持が必要。そもそもバイオレンスやアウトローの世界観は漫画原作の青春モノを見慣れた若い層は受け入れ難く、うまく集客につながっていないのではないか」と分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る