興収イマイチも…本格ヤクザ映画「孤狼の血」を評論家絶賛

公開日:

 春の邦画でピカイチの話題作といえば「孤狼の血」(白石和彌監督)だが、客入りはピカイチとは言い難いようで――。

「初登場3位でオープニング2日間の興行収入は1億4000万円超。最終で20億円が見込めるとの報道もあったが、10億円超えが目先の目標になる」(映画興行関係者)

 製作・配給の東映は、広島でのオールロケにこだわり、キャスティングも主演の役所広司、松坂桃李、江口洋介らそうそうたる面々を集めた。テレビスポットも積極的に打ち、製作費、宣伝費ともに惜しげもなくかけた。となれば、同じヤクザ映画で最終15億円を突破した「アウトレイジ 最終章」(2017年)と比べても、10億では物足りないだろう。

 なぜ伸び悩むのか。映画ジャーナリストの大高宏雄氏は、「中高年の年配層からの支持がアツい作品。昨今の映画界に蔓延する若者に媚びたかのようなヤワな表現やコンプライアンスの自主規制を取り払おうという製作陣の気概は大いに評価したい。が、ヤクザ映画のテイストを前面に押し出す宣伝は直球過ぎた感がある。ヒット作はジャンルにかかわらず、幅広い世代からの支持が必要。そもそもバイオレンスやアウトローの世界観は漫画原作の青春モノを見慣れた若い層は受け入れ難く、うまく集客につながっていないのではないか」と分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る