• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

菅田将暉主演 映画「アルキメデスの大戦」に期待する理由

 戦艦大和を題材にした戦争映画「アルキメデスの大戦」(監督・山崎貴/出演・菅田将暉=写真)が来年夏、東宝他製作・配給で公開されるという。この一報に筆者は震えた。往年の戦争映画の金字塔である「8・15シリーズ」の復活を期待したくなったからだ。

 8・15シリーズとは、東宝が「日本のいちばん長い日」(1967年、三船敏郎主演)の公開以降、命名した一連の戦争映画のことを指す。「零戦燃ゆ」(84年)まで計8本が製作された。このシリーズが重要だったのは、娯楽作品としての戦争映画の魅力を存分に描き込んでいたことにある。「連合艦隊司令長官 山本五十六」(68年)などで卓抜な戦闘シーンをつくり上げた円谷英二の技術力も大きかった。

 当然、戦争に対する問題意識も問われていた。8・15シリーズの公開は戦後20年から40年の時期にあたる。戦争を知る世代の人たちが観客の中心を占めていた。まだまだ戦争の悲惨さが身近にあった。そういった観客側の意識を作品に反映させつつ、8・15シリーズは娯楽作品としての側面も拡大してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る