大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

菅田将暉主演 映画「アルキメデスの大戦」に期待する理由

公開日:

 戦艦大和を題材にした戦争映画「アルキメデスの大戦」(監督・山崎貴/出演・菅田将暉=写真)が来年夏、東宝他製作・配給で公開されるという。この一報に筆者は震えた。往年の戦争映画の金字塔である「8・15シリーズ」の復活を期待したくなったからだ。

 8・15シリーズとは、東宝が「日本のいちばん長い日」(1967年、三船敏郎主演)の公開以降、命名した一連の戦争映画のことを指す。「零戦燃ゆ」(84年)まで計8本が製作された。このシリーズが重要だったのは、娯楽作品としての戦争映画の魅力を存分に描き込んでいたことにある。「連合艦隊司令長官 山本五十六」(68年)などで卓抜な戦闘シーンをつくり上げた円谷英二の技術力も大きかった。

 当然、戦争に対する問題意識も問われていた。8・15シリーズの公開は戦後20年から40年の時期にあたる。戦争を知る世代の人たちが観客の中心を占めていた。まだまだ戦争の悲惨さが身近にあった。そういった観客側の意識を作品に反映させつつ、8・15シリーズは娯楽作品としての側面も拡大してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る