• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「TOKYO IDOL FESTIVAL」今や地下アイドルの活動目標の場

 アイドル界の夏のお祭り「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)」が今年も8月3日から5日までの3日間開催された。

「世界最大のアイドルフェス」と銘打つだけあり、207組、1315人のアイドルが出演した。お台場周辺に用意された8つの会場で、朝から夜まで、アイドルが入れ代わり立ち代わりステージを披露。今年で9年目、年々規模は大きくなり、昔のように出番を終えたアイドルが隣を歩いているような牧歌的な雰囲気はなくなった。筆者のまわりでも「TIFは昔ほど面白くなくなった」という声をよく聞く。

 それでも、3日間で延べ8万1000人(公式発表)のオタクが足を運んだ。筆者は8月4日に参戦、15組のステージを見ながら思った。今のTIFの存在意義とは何なのか。それはおそらく「地下アイドルの、現実的な活動目標」だということだ。

 たとえば、筆者が14時ごろに見た愛媛県のアイドル「たけやま3・5」。「驚異の顔面偏差値!」がキャッチフレーズの、モデル4人組によるエンタメガールズバンドだ。ドラムの脇田穂乃香(16)が2曲目からはドラムセットを離れ、ボーカルの武田雛歩(19)と並んで歌いだしたのはちょっとびっくりした(笑い)。筆者はギターの濵邊咲良(17)が好みだが、彼女はコードが気になるようで、ずっと自分の左手を見ていた。デビュー10カ月のキャリアだが、本人たちいわく「初めてのTIFで、とても緊張しています」。「ワン、ツー、スリー、フォー」の掛け声が少々ぎこちなかったのも、「TIFに出る」という目標をいまかなえている緊張が伝わってきた。初々しいステージがかわいかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る