大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

「劇場版 コード・ブルー」フジ映画の面目躍如とある変化

公開日: 更新日:

 人気テレビドラマの映画化である「劇場版 コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―」(7月27日公開)が今週、興収50億円を超え、100億円に向かって爆走中だ。強力作品目白押しの今年の夏興行でトップを争う。本作の製作主体はフジテレビである。

 テレビの視聴率が伸び悩むフジだが、やはり、この局は映画が強い。これまで「踊る大捜査線」や「海猿」などのシリーズもので知られるが、とくに前者は100億円突破の作品が2本もあるなど、他局と比べてヒットのスケールが抜きんでている。そのフジが、久々に映画で勢いを盛り返してきた。

「南極物語」(83年)の昔を思わずとも、同局の映画の真骨頂は感動と涙だ。先の2大娯楽シリーズも感動と涙にもっていく。かつて「母と子のフジテレビ」というキャッチフレーズがあった。それは単に子ども向けという意味ではない。大衆性、分かりやすさが基本ということだ。その意が映画で生きている。ただ、その方向性は、あざとさと紙一重となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る