大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

「空飛ぶタイヤ」で好演 ディーン・フジオカの新たな魅力

公開日:  更新日:

 ロシアW杯のコロンビア戦終了後、DFの長友佑都は「(これは)みんなで勝ち取った勝利」と語っていた。当たり前のコメントに聞こえるが、そうではない。あの試合はまさに総合力の産物だった。筆者はすぐに、映画「空飛ぶタイヤ」のことを思った。

 本作は、主演の長瀬智也を筆頭にオールスター映画にして、俳優の個性を最優先した配役が見事だった。それぞれの連携プレーが良く、俳優陣が全員で映画の勝利を称え合ったかのような印象があった。勝利とは、中身の良さと興行のヒット(最終興収20億円弱)である。

 なかでも主要人物のひとり、ディーン・フジオカが良かった。あの整った風貌はどんな役でも合うということはなく、これまでの出演作の多くが彼の持ち味と役どころがどこかちぐはぐだった。それが、本作では自身が勤務する自動車メーカーの危機を穏やかな風貌のままに冷静沈着な行動力ではね返してみせ、これが彼の新たな魅力につながっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る