• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

政治や社会意識が薄れる今こそ戦争名画をみて考えてみる

 敗戦の日という言い方もできるが、まもなく、終戦の日がやって来る。この時期になると、戦争映画や社会派の問題作を連続して上映する映画館が都内にある。名画座の新文芸坐(豊島区東池袋)だ。今年も8月5日からスタートするが、この上映の催しが始まったのは1978年。節目の40年目を迎える。

 戦争、軍隊、原爆、冤罪などを描く映画を通して、歴史や社会を考えようというのが上映の趣旨だ。今回は「日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声」(50年)、「真空地帯」(52年)、「真昼の暗黒」(56年)、「帝銀事件 死刑囚」(64年)、「日本のいちばん長い日」(67年)、「軍旗はためく下に」(72年)など映画史上の名作群が並んだ。

 なかでも吉永小百合主演の「キューポラのある街」(62年=写真)が、彼女のトークショー付きで上映されるから勧めたい(10日)。吉永扮する少女ジュンが、鋳物の街・川口で貧困と向き合っていくけなげでハツラツとした姿がとても感動的な作品だが、こんなシーンに打ちのめされた記憶がある。ジュンが工場を解雇され、家でぶらぶらしながら「戦争がまた起これば、景気は良くなる」などとうそぶく父(東野英治郎)に猛然と歯向かうのだ。ジュンの態度は太平洋戦争を支えた父世代が、何の反省もなく戦後をだらだらと生きていることへの痛烈な一撃でもあって、忘れがたいのである。

「キューポラ――」はじめ、一度は見たことのある作品が多いだろうが、政治や社会意識が薄れている今だからこそ、突き刺さってくる側面も確実にある。災害の問題も身近だ。

 改めて、映画を通して政治や社会を考えるひと夏にしてみたらどうだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る