大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

政治や社会意識が薄れる今こそ戦争名画をみて考えてみる

公開日:

 敗戦の日という言い方もできるが、まもなく、終戦の日がやって来る。この時期になると、戦争映画や社会派の問題作を連続して上映する映画館が都内にある。名画座の新文芸坐(豊島区東池袋)だ。今年も8月5日からスタートするが、この上映の催しが始まったのは1978年。節目の40年目を迎える。

 戦争、軍隊、原爆、冤罪などを描く映画を通して、歴史や社会を考えようというのが上映の趣旨だ。今回は「日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声」(50年)、「真空地帯」(52年)、「真昼の暗黒」(56年)、「帝銀事件 死刑囚」(64年)、「日本のいちばん長い日」(67年)、「軍旗はためく下に」(72年)など映画史上の名作群が並んだ。

 なかでも吉永小百合主演の「キューポラのある街」(62年=写真)が、彼女のトークショー付きで上映されるから勧めたい(10日)。吉永扮する少女ジュンが、鋳物の街・川口で貧困と向き合っていくけなげでハツラツとした姿がとても感動的な作品だが、こんなシーンに打ちのめされた記憶がある。ジュンが工場を解雇され、家でぶらぶらしながら「戦争がまた起これば、景気は良くなる」などとうそぶく父(東野英治郎)に猛然と歯向かうのだ。ジュンの態度は太平洋戦争を支えた父世代が、何の反省もなく戦後をだらだらと生きていることへの痛烈な一撃でもあって、忘れがたいのである。

「キューポラ――」はじめ、一度は見たことのある作品が多いだろうが、政治や社会意識が薄れている今だからこそ、突き刺さってくる側面も確実にある。災害の問題も身近だ。

 改めて、映画を通して政治や社会を考えるひと夏にしてみたらどうだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る