レバノン映画「判決、ふたつの希望」に監督が込めた思い

公開日: 更新日:

 80歳で現役バリバリの弁護士という母は法律コンサルタントとして製作にも関わっているが、「何度も、何度も、衝突した」と言う。

 3歳から19歳まで過ごした祖国を離れ、映画の道を目指し渡米。クエンティン・タランティーノ監督のアシスタントカメラマンを務めた。手掛けるのはレバノンを題材にした作品が多い。

「人間はティーンエージャーのときに基礎を形成する。その時代に食べたものや嗅いだにおいは間違いなく僕の一部分となっている。内戦は1日、2日の出来事ではなく、魂に大きく痕を刻みつけるもの。日々、悲惨な光景を目にするんだ。普通の生活なんてままならない。ただ、多くの問題を抱えている国の姿は、作り手にたくさんのインスピレーションを与えてもくれる。社会的にも政治的にも資金的にもレバノン、いや、中東全域はまだ混乱している。戦後に復興した日本やドイツのような国とは真逆で、宗教が重しのようになり抜け出せない。でも、僕自身は幸いにもパスポートを持ち、海外で映画も作れる。まずはできることを模索していきたい」

 レバノンで製作される映画は年間5、6本程度だという。同国の実情を詳しく知らなくても心をつかまれる、良質なオトナの映画だ。

 (取材・文=小川泰加)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る