「猫の恩返し」は何%? ジブリ映画の視聴率が落ちないワケ

公開日:

 日本テレビ系で放送されている「3週連続 夏はジブリ」の視聴率が好調だ。

 1週目の8月10日に放送した「ハウルの動く城」は14.5%、2週目の17日の「となりのトトロ」は16回目の放送にもかかわらず14.0%をマークした。

 2017年に興行収入38億円を記録して実写邦画ナンバーワンヒットの「銀魂」が16日、テレビ東京系で放送されたが、視聴率は5.2%。また、同年の公開で興収35億円だった「君の膵臓をたべたい」を放送したテレビ朝日系の視聴率は10.4%。いずれも“地上波初放送”にもかかわらず「ハウル」にも「トトロ」にも及ばなかった。新作よりも14年前、30年前のジブリ映画の方が数字を稼ぐのは、なぜなのか。

 映画ジャーナリストの大高宏雄氏が言う。

「ジブリは何回見ても観賞に堪えうるクオリティーと物語性があります。『となりのトトロ』の猫バスの登場シーンのような名場面はSNSで盛り上がっていて、楽しみを常にファンが共有しています。世代を超えて親子で観賞する方も多く、新しいファンも増え続けています。最近の映画はテレビ放送前にネタバレしていると先入観があり、視聴されない傾向があります。ジブリ映画は内容を把握していても『また見たい』と思わせる魅力が、1つ、2つの作品だけではなくブランド全体にあるので、他の映画に比べて相対的に視聴率が高い傾向があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る