「猫の恩返し」は何%? ジブリ映画の視聴率が落ちないワケ

公開日: 更新日:

 日本テレビ系で放送されている「3週連続 夏はジブリ」の視聴率が好調だ。

 1週目の8月10日に放送した「ハウルの動く城」は14.5%、2週目の17日の「となりのトトロ」は16回目の放送にもかかわらず14.0%をマークした。

 2017年に興行収入38億円を記録して実写邦画ナンバーワンヒットの「銀魂」が16日、テレビ東京系で放送されたが、視聴率は5.2%。また、同年の公開で興収35億円だった「君の膵臓をたべたい」を放送したテレビ朝日系の視聴率は10.4%。いずれも“地上波初放送”にもかかわらず「ハウル」にも「トトロ」にも及ばなかった。新作よりも14年前、30年前のジブリ映画の方が数字を稼ぐのは、なぜなのか。

 映画ジャーナリストの大高宏雄氏が言う。

「ジブリは何回見ても観賞に堪えうるクオリティーと物語性があります。『となりのトトロ』の猫バスの登場シーンのような名場面はSNSで盛り上がっていて、楽しみを常にファンが共有しています。世代を超えて親子で観賞する方も多く、新しいファンも増え続けています。最近の映画はテレビ放送前にネタバレしていると先入観があり、視聴されない傾向があります。ジブリ映画は内容を把握していても『また見たい』と思わせる魅力が、1つ、2つの作品だけではなくブランド全体にあるので、他の映画に比べて相対的に視聴率が高い傾向があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る