• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猫の恩返し」は何%? ジブリ映画の視聴率が落ちないワケ

 日本テレビ系で放送されている「3週連続 夏はジブリ」の視聴率が好調だ。

 1週目の8月10日に放送した「ハウルの動く城」は14.5%、2週目の17日の「となりのトトロ」は16回目の放送にもかかわらず14.0%をマークした。

 2017年に興行収入38億円を記録して実写邦画ナンバーワンヒットの「銀魂」が16日、テレビ東京系で放送されたが、視聴率は5.2%。また、同年の公開で興収35億円だった「君の膵臓をたべたい」を放送したテレビ朝日系の視聴率は10.4%。いずれも“地上波初放送”にもかかわらず「ハウル」にも「トトロ」にも及ばなかった。新作よりも14年前、30年前のジブリ映画の方が数字を稼ぐのは、なぜなのか。

 映画ジャーナリストの大高宏雄氏が言う。

「ジブリは何回見ても観賞に堪えうるクオリティーと物語性があります。『となりのトトロ』の猫バスの登場シーンのような名場面はSNSで盛り上がっていて、楽しみを常にファンが共有しています。世代を超えて親子で観賞する方も多く、新しいファンも増え続けています。最近の映画はテレビ放送前にネタバレしていると先入観があり、視聴されない傾向があります。ジブリ映画は内容を把握していても『また見たい』と思わせる魅力が、1つ、2つの作品だけではなくブランド全体にあるので、他の映画に比べて相対的に視聴率が高い傾向があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る