国内シェアトップ「dTV」人気の秘密は邦画との連動作品

公開日:

「dTV」は、NTTドコモが提供している定額制動画配信サービス。2014年4月からはドコモ契約者以外でも加入できるようになり、月額500円(税抜き)という手ごろな価格が魅力だ。

 もともと、現在dTVを共同運営しているエイベックス通信放送が09年にスタートさせた「BeeTV」が母体で、11年にスマホ向けの「VIDEOストア」として生まれ変わった。13年には会員数が450万人を突破し、当時の定額制動画配信サービスで国内最大の会員数を記録。15年に旧名称の「dビデオ powered by BeeTV」から現在のdTVに変更になった。

 後発の同業他社も増えてきたとはいえ、全国約2300店舗のドコモショップでも入会できるのが強みだ。18年のジェムパートナーズの「動画配信(VOD)市場5年間予測リポート」によると、日本の定額動画配信市場(市場規模推計1383億円)で、dTVが20.3%で国内ナンバーワンのシェアを獲得している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る