「ネットフリックス」 オリジナル40作品がエミー賞候補に

公開日:

 ドラマ、映画、ドキュメンタリーなどエンターテインメントに特化して、世界最大級の動画配信サービスを提供するネットフリックス。米国で1997年に郵送でのDVDレンタル会社としてスタートし、2007年から動画配信サービスを導入。日本では15年9月からサービスをスタートした。

 日本の会員数は非公表だが、「15年末に全世界で会員数が7500万人に達し、16年には世界190カ国以上にサービスを提供するようになり、ほぼ全地域で増加。右肩上がりに推移して、18年7月時点で1億3000万人を突破しています」(コーポレートPR担当の松尾崇氏)。

 ネットフリックスの特徴は、オリジナル作品が他社に比べて圧倒的に多いことだ。12年にオリジナル作品の制作を開始したが、初期に作られた「ハウス・オブ・カード 野望の階段」は13年に動画配信系作品として、初めて米国テレビ界最高の栄誉であるエミー賞を受賞。ホワイトハウスを舞台に描いた政治サスペンスは一大ブームとなり、日本でも大人気に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る