「ネットフリックス」 オリジナル40作品がエミー賞候補に

公開日: 更新日:

 ドラマ、映画、ドキュメンタリーなどエンターテインメントに特化して、世界最大級の動画配信サービスを提供するネットフリックス。米国で1997年に郵送でのDVDレンタル会社としてスタートし、2007年から動画配信サービスを導入。日本では15年9月からサービスをスタートした。

 日本の会員数は非公表だが、「15年末に全世界で会員数が7500万人に達し、16年には世界190カ国以上にサービスを提供するようになり、ほぼ全地域で増加。右肩上がりに推移して、18年7月時点で1億3000万人を突破しています」(コーポレートPR担当の松尾崇氏)。

 ネットフリックスの特徴は、オリジナル作品が他社に比べて圧倒的に多いことだ。12年にオリジナル作品の制作を開始したが、初期に作られた「ハウス・オブ・カード 野望の階段」は13年に動画配信系作品として、初めて米国テレビ界最高の栄誉であるエミー賞を受賞。ホワイトハウスを舞台に描いた政治サスペンスは一大ブームとなり、日本でも大人気に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る